2021年春ドラマ

今週の君と世界が終わる日にを見逃した方へ。1〜8話を無料で見る方法!

(出典:フジテレビ『君と世界が終わる日に』)

この作品を観るならココ!
配信サービス名 視聴可能 無料期間
Hulu 2週間

Huluの特徴

  • 日本テレビ系列の作品、ドラマ、映画、アニメが独占で観られる
  • 初回2週間無料トライアル
  • 最新号の雑誌が見放題
  • スマホ、パソコン、テレビなど、デバイスを選ばずに視聴可能

無料トライアルを試してみる!

関連記事
・Huluのメリットデメリットって?使って分かるユーザーの声

※情報は2021年1月時点のものになります。詳細は公式サイトよりご確認ください。

他社サービスとの比較
配信サービス名 視聴可能 無料期間 月額(税込)
Hulu 2週間 1,026円
U-NEXT × 31日間 2,189円
FOD 2週間 977円
Paravi × 2週間 1,017円
TSUTAYA DISCAS/TV × 30日間 2,659円
クランクインテレビ × 14日間 1,650円
dTV × 31日間 858円

※情報は2021年1月時点のものになります。詳細は各公式サイトよりご確認ください

君と世界が終わる日に(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法

日本テレビ系列のドラマを視聴する場合、Huluの「2週間無料トライアル」を利用して無料視聴するのが最もおススメです。通常1,026円(税込)の会員費がかかるところ、2週間以内に解約すれば無料です。

君と世界が終わる日に(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法
第1話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 同棲中の研修医の恋人・来美くるみにプロポーズするつもりだったその日に大きな出来事が起こる
  • “生ける屍”のような化け物たちに、恐怖でおののきながらも必死で逃げる響だが、街はヤツらに占拠されてしまった
  • 急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋から来美の姿は消えていた

その日、すべてが奪われた——— 。

三浦半島の南端に位置する三浦市——— 。

自動車整備工の間宮響まみやひびき(竹内涼真)は人望が厚く、頼りがいのあるまっすぐな男。

同棲中の研修医の恋人・来美くるみ(中条あやみ)にプロポーズするつもりだったその日、響はいつものように職場に向かった……。

世界が一変してしまうとも知らずに……。

通勤途中、響は謎のトンネル崩落事故に巻き込まれ閉じ込められてしまう!数日後、なんとかトンネルを脱出した響の前に広がっていたのは……不気味に人気のない荒廃した街。

そして、ようやく出会えた“その人”が振り返ると……なんとそれは生き血を求めて人間を食らう恐ろしい化け物だった!!

“生ける屍”のような化け物たちに、恐怖でおののきながらも必死で逃げる響。街はヤツらに占拠されてしまった……!

急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋から来美の姿は消えていた……。生存者を探す響は近くの消防署に辿り着く。しかし突然銃口を突きつけられ……!

銃を構えていたのは、響の同級生で警察官の等々力とどろき(笠松将)だった。化け物に噛み付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし、避難指示が出ていたという信じられない事実を聞く響。

一方の等々力は、響に不穏な目を向ける。二人の過去にはある“しこり”があった……。

陸の孤島となった消防署に身を寄せていたのは警察官の等々力とその上司、本郷ほんごう(大谷亮平)。女子大生・佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)、三原紹子みはらしょうこ(安藤玉恵)と小学生の娘・結月ゆづき(横溝菜帆)の親子、屈強なバイク便ライダー・吾妻あづま(鈴之助)、引っ越しアルバイトの韓国人・ミンジュン(キム・ジェヒョン)とその上司の甲本こうもと(マキタスポーツ)。そして、壮年の男性・宇和島うわじま(笹野高史)。

救助に来るはずだった“避難所”とは、昨日から音信不通になっていた……。断絶したライフライン、数を増す化け物、生存者の中に広がる恐怖……。

極限状態の中、それでも来美が“避難所”にいると信じる響。そんな中、夜が訪れると……突然、不気味な咆哮が響き渡る!化け物たちの動きは激しくなり、凶暴化!消防署はヤツらに包囲されてしまった!

響たち生存者は避難所を目指し、生きるか死ぬかの危険な脱出を決める……。『諦めなければ道は開く』! ピンチに次ぐピンチが襲う中、愛する人にもう一度会うため、“世界イチ諦めの悪い男”響の死と隣り合わせの壮絶なサバイバルが始まる!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・あまり、日本ではないドラマっていう感じで新鮮さがあった。そんなゾンビという設定だけでなく、人間関係も気になるという感じ。まぁ設定はビックリだが、内容は面白い。

・まさかのゾンビ!でビックリ。だけど、サバイバルの、ハラハラ感が好きです。これがドラマになったと思うと、毎週楽しみすぎる。

・竹内涼真さんが出演されるので見てます。平和なのもつかの間という感じである意味、いまの日本と似ているのかもしれませんね〜。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・コロナで気持ちも沈んでるし世の中も暗いニュースばかり。今こんなドラマみたくない。
竹内涼真も嫌いだけどHuluで完結版とかありそう。
阪神大震災の今日、世界が終わるドラマが始まるって残念でしかない。

・ゾンビを扱うドラマって割りとアメリカ映画や韓国ドラマにもあるけど、わざわざ改めてやる必要あるかなと思うし、コレが見たいって思えない。
そりゃ、好みの話にはなるだろうけど。
それに、かなり過激な描写もあるわけだし、Huluと共同だって事だけど、そっちだけでやってみたら良いんじゃないかな?他局と比べたらインパクトはあると思うけど、いつぞやのTBS系列ドラマのように途中打ちきりになる可能性あるかもしれないですね。

・海外ドラマをちょこちょこ摘まんだような雰囲気でした。
あくまで雰囲気なのでストーリーは「?」
噛まれたらゾンビ化する…何かで見たような
弓を武器に…そんな設定もあったような
海外ドラマ好きの方なら比べてしまうかもです。

第2話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 来美(中条あやみ)が生きていることを確信し、交差点へと向かった響ひびき(竹内涼真)。しかしそこには打ち捨てられた無人のバスと、バスを囲む化け物たちの死骸が……!
  • 宇和島うわじま(笹野高史)はある恐ろしい異変を隠していた……。
  • 感染した宇和島が化け物に変わる前に殺してしまおうと、等々力がナイフを向けたのだ!

来美(中条あやみ)が生きていることを確信し、交差点へと向かった響ひびき(竹内涼真)。しかしそこには打ち捨てられた無人のバスと、バスを囲む化け物たちの死骸が……!響たちは周囲に散らばった薬莢から、来美が自衛隊に救助されたと推測。近くにあった車の修理を試みる響を等々力とどろき(笠松将)たちが化け物から守る一方、本郷ほんごう(大谷亮平)と甲本こうもと(マキタスポーツ)がガソリンを調達しに出発する。そんな中、宇和島うわじま(笹野高史)はある恐ろしい異変を隠していた……。

その頃、隊員たちに囲まれた来美は不安な表情で自衛隊のトラックに揺られていた。しかし次の瞬間、目の前に現れた化け物を轢いたトラックがコントロールを失い納屋に激突!一緒に運ばれていた幼い兄弟の兄・勝利しょうり(田中奏生)の胸には衝撃で突き刺さった鉄筋が……!

緊迫した空気の中、防護服の医師・ジアン(玄理)が筆頭となって現場での緊急手術が始まる。研修医の来美は咄嗟に手術の助手に名乗り出るが、異例だらけの初めての実践に手が震え……。さらに周囲には血の匂いに誘われて、次々と化け物たちが現れる!!絶体絶命の状況の中、果たして手術の結果は、そして来美たちは無事生き残れるのか!?

一方、バスの修理を試みる響たちのもとにもなぜか次々と化け物たちが吸い寄せられていた。誰かが噛まれ、血の匂いに誘われているのではないかと疑心暗鬼が広がる中、等々力は宇和島の腕に化け物の噛み傷を発見する!その時、化け物の大群が迫ってきて……!響たちは避難場所を求めて近くの老人ホームへ。

しかしそこで新たな難題が響を待っていた。感染した宇和島が化け物に変わる前に殺してしまおうと、等々力がナイフを向けたのだ! 咄嗟に止める響! 緊張が走る中、ミンジュン(キム・ジェヒョン)が意外な情報を口にするのだが……。熱にうなされる宇和島がいつ化け物に変貌してもおかしくない中、宇和島の命も全員の命も諦めることができない響。等々力は、「お前が責任取れよ」と、宇和島が化け物に変貌したら殺すようにナイフを渡す……。決断を迫られる中、太陽が翳り、ヤツらが獰猛になる“時”が迫っていた……!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・ゾンビは足引きずって来る感じだったけど、避難所のゾンビは猛ダッシュで来るから怖すぎるー笑

最終回までこの調子で続くのかな笑笑

・あやみちゃんも可愛いけれど、竹内さん&あやみちゃんの絆より、ゾンビの気持ち悪さの方がすごく上をいきそうで、見たいけれど後々心にきそうなので、最終回は楽しみにしています。

・弓使うのがウォーキングデットのパクリとかなんとか言っている感想もありますが、
他の作品で使われているものを使ったからパクリとなると、武器無くなっちゃいますよ。
外国では作られ倒されているゾンビもの。
どこをどうしても何かに似てしまうのは仕方ありません。
十分面白かったです。日本初のゾンビドラマ。
まだ1話ですから、この先どうなるか、もう少し展開を期待したいです。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・ゾンビものを見すぎているせいなのか全然ドキドキしない。アイアムアヒーローのように日常が崩壊していくシーンはまったく無く、いきなりトンネルに閉じ込められて、脱出できた時にはゾンビ世界へようこそな感じ。そもそも地震でトンネルが崩落したのにもかかわらず、ビルの倒壊や、道路の陥没などの被害は見当たらない。ここら辺からあれ?って感じになりましたね。4日間も閉じ込められていたのに元気に職場に戻る涼真さんもあれ?って感じだし。冒頭からこんな感じでリアリティがないんですよね、舞台演出にも演技にも。緊迫感ゼロです。

・ただ、主人公と元同級生の刑事?二人の間に何かあったようですが、あんな非常事態にも引きずるような事なのか?全く分からないのでイライラする。

・鬼とか巨人とかゾンビとか人食べられる作品多いですね。ただ、ゾンビは感染のワードが出てくるのでタイムリー過ぎ、そしてエキストラが密で心配…とは思います。バイオハザードは好きなんですけど、こちらはただただ疲れるなと思いました。バイオハザードは主人公が超人だったからファンタジーとして安心して見れてたんだな、と。あと日本人がゾンビやるとイマイチですね。

・コロナの感染に皆が怯える中、ゾンビ感染もののドラマを放映する事にブレーキはかからなかったのでしょうか?
このパンデミックの中、コロナ感染をゾンビ感染とダブって感じる人も多いのではないでしょうか。

当然自衛のために感染者を駆逐していく事が正当化される事がゾンビものの売りになるのではないでしょうか。
主人公たちが悲しみながらも生き残るために、懸命に戦い感染者を倒していく事が描かれます。

それを観たコロナ感染した人たちはどう感じるか分かりませんが傷つかない事を願います。
そして感染した人たちへの差別が社会問題となっていますが、差別することへのハードルが下がらないで欲しいと感じます。

第3話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 寝不足でボロボロになった響たちは、化け物が占拠する封鎖区域の外・横浜を目指していた。
  • 自衛隊駐屯地では研究者・首藤しゅとう(滝藤賢一)がある血液検査の結果を見ていた……。そこには来美くるみ(中条あやみ)の情報が載っているのだが……。
  • 警官である等々力の銃を渡せと迫る一団。究極の選択を迫られた響たちを、さらなる罠が待ち構える!

避難所であるはずの自衛隊駐屯地に辿り着いた響ひびき(竹内涼真)たちを、突如襲った銃撃!銃弾に倒れた本郷ほんごう(大谷亮平)を残し、響たちは命からがらその場を後にする!さらに自衛隊内部では、響たちが先に発砲したという虚偽の報告がなされ、テロ集団とみなされていた……。

3日後——— 。

夜ごと凶暴化する化け物達の群れから身を隠しながら疲労と寝不足でボロボロになった響たちは、化け物が占拠する封鎖区域の外・横浜を目指していた。夕闇が迫る中、響たちはあるショッピングモールに逃げ込む。警戒する中、出てきたのは化け物!

…ではなく助けを求める一人の美女!それは人気女優の中越美亜なかごしみあ(芳根京子)だった……。

一方、自衛隊駐屯地では研究者・首藤しゅとう(滝藤賢一)がある血液検査の結果を見ていた……。そこには来美くるみ(中条あやみ)の情報が載っているのだが……。

そして来美は、まもなく上層部から射殺命令の下るという“テロ集団”の中に響がいることを確信。響を見つけ出すため、危険な化け物たちのサンプル採取に同行し、駐屯地の外に出ることを願い出る……。そんな中、来美は首藤に連れられ、施設の一室で信じられない光景を目にするのだった……!彼らは化け物たちを“ゴーレム”と呼んでいて……。その頃、気を失った美亜を保護し、一時の休息を得る響たち。そんな中、響は化け物が一体もいないことをどこか不気味に感じていた……。

さらに、仲間の中では今後どうするかを巡って仲間割れが発生!助けを待つべきだという佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)に、苛立ちを隠せない等々力とどろき(笠松将)。しかし、そこに日本刀を手にした謎の集団が現れる……!人質に取った佳奈恵と引き換えに、警官である等々力の銃を渡せと迫る一団。究極の選択を迫られた響たちを、さらなる罠が待ち構える!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・大谷亮平さんが見たくて見始めました。
このドラマの中で一番頼りになる分別ある警察官で、判断力も行動力も勇気もあって、絶対最後まで生き残るキャラだと思ってました。でも、安全な基地?に着いたときなんで建物の前まで行かないで、遠くからおーい!って呼ぶのか?みんなより一歩前に出て手を降ったところで、嫌な予感が…その予想は的中してしまいました。
次回は、中条あやみが大谷さんを助けて、無事復活することを望みます!

・飯豊さんが嫉妬して、命の選択場面が増えたりして、色々ややこしくなりそうでイヤだな~。センター長みたいな滝藤さんは、不治の病の妻の為に研究を重ねて、ウイルスが外に出ちまった系?
飯豊さんと滝藤さんが横恋慕して、イライラさせられそうだなー。いつの時代も竹内涼真は純粋で素直、心配させられっ放しですね。
心労が(笑)

・ゾンビものは苦手なのですが、
思いのほか面白かったです。
ただ、ウォーキングデッドのリメイク?
とは思いましたが。
私の耳が悪いのか、
笠松将さんのセリフが聞き取りにくい。
来週も継続視聴します。

・いろんな制約とかコロナとかの関係でこんな感じになってしまいましたーってところでしょうね。じゃないと変ですよね、いろいろと。せっかくのゾンビものなのにもったいないです。もう少し編集でなんとかならないのでしょうか…今後も見続けますが、もう少しスタッフさんの熱意を感じたいところです。

・映画とかドラマとかなんでも見れば面白いと思っちゃうタイプの薄っぺらい人間だからかもしれないけど、結構おもしろくないですか??今日のは泣けるシーンもあったり、、、、当初はジェヒョンくん目当てで見始めたけど、今は普通にドラマを楽しんでます!

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・この原作もこんな内容なの?
世界配信するのが恥ずかしい・・・。キャストもドラマ見たらがっかりするのでは?
この時期に日韓共同での感染症対策機関?現実的にあり得ない・・・。
誰かの思惑で設定をねじ込んだのではww

本当にリアリティーに欠けている駄作。

・まず、竹内役柄のエセ正義感にイラっとする。
ゾンビ物でこんな感じは今までなかった。
単純明快にゾンビを倒していく方が全然良い。
中条役柄も同様にイラっとするし、二人の回想シーンもいらない。
バカな製作&脚本が色んな要素を入れこもうとして大失敗パターン
レビューしたくなるほど近年稀にみる駄作です。

第4話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 人質となっていた佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)を助けるため刀集団に投降した響ひびき(竹内涼真)たちは、ショッピングモールの地下へと連れていかれる。
  • 響を探すため危険なサンプル採取に同行した来美くるみ(中条あやみ)は、自衛隊と共に同じくショッピングモールに到着。
  • ワクチン開発を進める自衛隊駐屯地では、来美が拉致されたことを知った首藤しゅとう(滝藤賢一)が保護を命じていた。

人質となっていた佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)を助けるため刀集団に投降した響ひびき(竹内涼真)たちは、ショッピングモールの地下へと連れていかれる。なんとそこには大量のゴーレムたちが閉じ込められていた!約束を破り、響たちの命を奪おうとする刀集団のリーダー・坪井つぼい(小久保寿人)。

しかしその時突然停電が発生!響は仲間に助けに戻ると言い残し、屋上にある発電機の修理に名乗り出る。響を探すため危険なサンプル採取に同行した来美くるみ(中条あやみ)は、自衛隊と共に同じくショッピングモールに到着。一人になった隙に刀集団に拉致されてしまう!しかしそこで、響とすぐそこまですれ違い……!?

ワクチン開発を進める自衛隊駐屯地では、来美が拉致されたことを知った首藤しゅとう(滝藤賢一)が保護を命じていた。首藤が来美にこだわるのには実はある理由があるのだが……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・予告から出ていた芳根京子の「私を仲間に入れてもらえませんか?」っていうセリフが違和感だらけだった。だってみんなたまたま居合わせただけの人達だしなんでそんな事を言うんだろうと思ってたら、最後の大どんでん返しでそのセリフの意味が理解出来ました。他の仲間がいたのですね。
まあ、女優が1人であんなとこにいるのも、元カレゾンビを殺さないで椅子に拘束させてるのも違和感だらけだったのであのまま竹内涼真に引っ付いていくより見応えはありますね。芳根京子をこのまま悪役のまま終わらせないとは思いますが、なかなかの悪ぶりがハマってて今後の流れが気になりました。
あとコメディの役が多かった田中道子さん、日本刀振り回すクールビューティーな役似合ってますね。

・誰何をせずに民間人を射殺する自衛隊その後偽装、ヒロインがワクチン開発に必要と匂わせといて災地へ行かせる医者、なぜかゾンビなのにゴーレム(泥人形)呼び、地上波なので補食シーンが微妙など突っ込み所が多い作品です。
そういった描写がリアリティーの無さを生み、この作品の安っぽさを際立たせてるのではないでしょうか
しかし、この手の作品ではヒステリーをおこした仲間の自爆、情に流されゾンビ化などよくある話ですので、主人公や仲間の女性の行動は定番かなと思えます。

・ジェヒョン君見たさですが無口過ぎない?お茶目ミンジュン設定にしてもよかったのになあ。
くるみちゃんが怪我した男の子の事を一切尋ねてなくて涼真くんばかりを心配してる…くるみちゃんサクッとゾンビ殺したのに普通でいられるし不思議、浅香くんがなぜか気がありそうに見えてしまうのは気のせいでしょうか、この先くるみちゃんをミンジュンに会わせたくないなでも頑張って観ていこうー。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・クオリティーの低さや脚本のつまらなさは目を瞑るにしても。
色々おかし過ぎて集中して見れない!
弓矢は抜いていかない、車は何故か乗り捨てる、電波すら飛ばない状況なのに電気ガスは通ってる、会ったばかりの女に「とりあえず食べてから話そう」とか危機的状況なのにあり得ないし、「は?え?なんで?」の連続。
よくあるストーリーなのにテンポは悪いし、なんかもう見ててイライラしちゃって、演技も大根のせいか全く感情移入出来ない。
クルミとか探しに行かせろって煩かったけど、行ったところでどーなるんだよ素直に避難しとけよ。
で彼女が唯一希望の光だ?それならサンプル採取にいかせてる場合じゃないだろ!!
ダメだ、このドラマは。次を見たくなるような展開が全くない。せめてアクションとか何か見所を作れないものか…。

・主人公とくるみがいなければ
もっとテンポよく楽しめる気がする
命がかかってる状況で恋愛脳が過ぎる
主人公もくるみも馬鹿なんじゃないの?
いっそ2人とも噛まれてモブのゾンビになってくれ

あの無愛想な刑事が主人公だった方が
絶対に面白かったろうな…
綺麗事と恋愛脳ばかりのバカ主人公にはウンザリ
こいつ1人が騙されてやられるならまだしも
こいつの判断ミスで子供も女性も危険な目にあう
稀に見るバカ主人公
早く噛まれてしまえ

第5話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 喘息の結月ゆづき(横溝菜帆)を救うため、危険を冒して薬を探す響ひびき(竹内涼真)たち。しかし、忍び込んだ病院からは誰かが持ち去った後のように薬が消えていた……!
  • 街中でゴーレムに囲まれていた生存者たちを救出する。その中にはなんと、妻子を探しに封鎖ゲートの外から来たという紹子しょうこ(安藤玉恵)の夫・狛江こまえ(長谷川朝晴)がいた!
  • 密かに来美に思いを寄せる等々力は、来美にとってあまりにも残酷な嘘を告げる……!その頃、響の仲間たちが待つ船には狛江がたどり着いていた。

喘息の結月ゆづき(横溝菜帆)を救うため、危険を冒して薬を探す響ひびき(竹内涼真)たち。しかし、忍び込んだ病院からは誰かが持ち去った後のように薬が消えていた……!

響は停泊している安全な船に仲間を残し、ミンジュン(キム・ジェヒョン)と共に別の病院を目指す。

その途中、街中でゴーレムに囲まれていた生存者たちを救出する。その中にはなんと、妻子を探しに封鎖ゲートの外から来たという紹子しょうこ(安藤玉恵)の夫・狛江こまえ(長谷川朝晴)がいた!愛する人が生きていると知り喜ぶ狛江に、響は紹子たちの待っている場所を知らせるが……。

一方自衛隊の駐屯地では、本部との通信が途絶え、自衛隊内部でも混乱が発生。そんな中、首藤しゅとう(滝藤賢一)はジアン(玄理)と共に“ある計画”を進めていた……。

駐屯地でけが人の対応に当たっていた来美くるみ(中条あやみ)の前には、響たちと袂を分かった等々力とどろき(笠松将)が現れる。来美が響に宛てた書き置きを見た等々力は、自衛隊に扮して来美を助けに現れたのだが……。

密かに来美に思いを寄せる等々力は、来美にとってあまりにも残酷な嘘を告げる……!その頃、響の仲間たちが待つ船には狛江がたどり着いていた。

しかし、再会を喜ぶはずの紹子は、なぜか青ざめた顔で身をこわばらせる……。そして響とミンジュンは薬を探して辿り着いた病院で、ちょうど到着した自衛隊と鉢合わせる!命がけでわずかな薬を手にし、自衛隊の銃撃から逃げる響たち!だがその時、ミンジュンに銃が突きつけられる……!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・三浦半島だけで起きている事態なら他所から派遣されてきたであろう自衛隊は生存者の救出が第一では?安易にテロリストと生存者を決めつけ射殺命令までその場の少ない情報で即決してしまう。 市中に拠点を作ってゾンビの活動範囲を狭めながら生存者を救出するような作戦も展開していない。ヘリも飛んでない。まるで研究所の手下。 中条あやみを囲んで護衛もしない。中条あやみが捕まった証拠もないようなのに建物の中にいた生存者ははなから敵って決めつけているよう。 逆に警察官だった奴が仲間を殺されたからと言って顔もみてない自衛隊員をなんの躊躇もなく弓矢で殺してしまう。 三浦半島だけで起きている事態の割にはこの世の終わりなんでもありな感覚出しすぎ。コーヒーで毒殺しても平気な世界観じゃないだろう。

・それを逃げる時に解放していたが自衛隊が撃っている数とロッカールームにきた数、響きの仲間の前にいた数足したら最初に解放した数よりかなり増えている気がした。

・みなさん色々な海外ゾンビをご存知のようで、比べては酷評されていますが…人生初ゾンビの私はそれなりに楽しんでます。確かに拾わずに矢が無くならないのか?など若干気になる点もありますが… ゾンビとゴーレムの違いも知らないのでゴーレムって言われたら「そうなのか」って思ってしまうし、合間に恋愛挟むのがウザいって言う感想も宣伝の時から「サバイバルラブストーリー」って聞いてたから違和感無いです。それに、ゾンビものが苦手だから今まで避けていた私にとってはこのラブストーリー部分がいい箸休めになっていて、まあゾンビ初心者にはちょうどいいです。海外ゾンビ慣れしている皆さんから見たらちゃんちゃらおかしいのかもしれませんけど… 4話で芳根京子ちゃんが恋人に寄り添って噛まれるシーンは自分に置き換えて考えたら辛くて苦しくなったし、彼女に教えてもらった方法で仲間を助けに行った竹内涼真は仮面ライダーを彷彿とさせるヒーローに見えてグッときた。 万人受けは難しいのかもしれないしゾンビものをよく知ってる人も期待外れかもしれないが、生き残った人たちの感情のぶつかり合いなどそれなりに楽しめるんじゃないかと。

・芳根京子終わりって・・・ せっかくの挽回キャラだったのに、もう絶望しか見えない展開。 シナリオが怪しくなってきた。 あんな子供の時見たきりで、あんな小さい粗い画像見て響ってわかる? 恋人がゴーレムになったからって、それに付き合って犬死するやついる? それも男と違ってロマンより現実的な思考すると言われている女だし。 全体的に感動させよう、させようとしてシラケる場面が多い。 あの警察官だったやつ、やべーやつだと思ってたけど、来週モンスター化しそう。 あれは「中条あやみ」狙ってるな。 でもクズはきっとバレるから心配していない。 唯一、みんなを助けにきた時の「竹内涼真」がカッコよかった。

第6話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 医薬品を求め、海路から駐屯地に乗り込む覚悟を決めた響ひびき(竹内涼真)たち
  • 響が死んだと思い絶望に沈む来美くるみ(中条あやみ)は、幼い愛奈まな(新津ちせ)を助けられなかった責任を感じ、危険なワクチン開発の実験台に名乗り出る!
  • 避難者たちの支持を得る。そしてついに、響たちが駐屯地に到着!地下通路から侵入を試みる中、響は見張りがいないことを不気味に感じるが……

医薬品を求め、海路から駐屯地に乗り込む覚悟を決めた響ひびき(竹内涼真)たち!

途中、小島に停泊した彼らは、かつて敵対した刀集団の坪井つぼい(小久保寿人)たちに遭遇する……!外部から孤立した駐屯地では、撤退を主張する自衛隊司令官の牛込うしごめ(神保悟志)と、このまま駐屯地でワクチン開発をすべきだという首藤しゅとう(滝藤賢一)の間で意見が対立。

首藤は自衛隊内部で力を増していた。そして響が死んだと思い絶望に沈む来美くるみ(中条あやみ)は、幼い愛奈まな(新津ちせ)を助けられなかった責任を感じ、危険なワクチン開発の実験台に名乗り出る!注射を打たれた来美は、響の姿を思い出しながら意識が混濁していき……。

一方響は、坪井を説得し共に駐屯地を目指していた。出発直前、周囲と距離を置く謎の男・御前崎おまえざき(宇野祥平)から「行ったら、あんた、心底人を憎むことになるぞ」と不吉な言葉をかけられる響……。さらに駐屯地に向かう船上で、ミンジュン(キム・ジェヒョン)の姉が“Dr.Shuto”という医者とワクチン開発をしていることを知る。

それは、響の記憶に深く刻まれていた名前だった……。そんな中、駐屯地では牛込が謎の失踪を遂げる。自衛隊内部に不協和音が生じる中、避難者たちの間でも隔離生活の不満が爆発!首藤は駐屯地にいれば優先的にワクチンが打てると話し、避難者たちの支持を得る。そしてついに、響たちが駐屯地に到着!地下通路から侵入を試みる中、響は見張りがいないことを不気味に感じるが……。響、そして来美の間に巨大な罠が待ち構えていた!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・子供とか動物のゾンビが人っ子一人いないなーと思ってたので、今回子供のゾンビが出てきたのはよかったと思う。あとヒロインの医者らしからぬ行動にイラっとしてたし、今回も恋人が死んで悲しいのは分かるけど医療現場放棄するなんてと思ってたので、ヒロインに対してクズだと言ってくれたのは良かったと思う。 ただ後半は、噛まれる為だけに出てきたとしか思えないDV親父の話で急に説教臭くなった感じがしました。急に殺人だ!とか言い出してちょっとびっくりしました。どっかのゾンビなりかけの教授を殺そうとしてなかったか・・・・(笑)?? 噛んだのはゾンビなわけだし、DV親父だって道中でゾンビがどんなことしてきて噛まれるとどうなるかくらい知ってたはずだし。 混乱の中では善悪の境界が~みたいな話がしたかったのかな。。。。 あと訳も分からず射殺してくるような基地によく行こうって気になるなーと思う。

・DV夫がでてくるとは!よくここまで追っかけてきたナーと…思ってたらゾンビに噛まれた?早っ!でも、主人公がとどめをさすとは思わなかったな。ゾンビに襲わせたからってそこまで言い争いになるとも思わなかったけど。 次回予告であの刀集団が再登場、そして彼女と再開らしいけど、たぶん変わり果てた彼女をみて絶望とかするんだろうけど、そこまで感情移入できないのが現状。そこは正直どうでもいいかな。やっぱり、なんでこの世界がこうなってしまったのか…それを楽しみに今後も見ていこうと思ってます。今回、ゾンビもたくさんでてきましたし!!←ここ一番大事! ドア開けたら、向こう側からゾンビがドドっと出てきたのは、良かった!いいね!あぁいうの!

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・ハラハラしたり次回の展開すら気にならなくなった。ほとんどツッコミどころでツッコミ入れる意味もない。 とにかくチープでむちゃくちゃで「こんなのに出演している役者かわいそうだな~。」とか「脚本家大丈夫?」とか「ゾンビ役のエキストラは仕事あって良かったね。」とかストーリーに関係ないことばかり考えながらみてる。 ここまで酷いと毎週それを確認したくなる。へんな中毒性がある。

・どんどん雑になってきてる。スマホの件も確かやし、最初に自衛隊の防衛壁内に侵入した男の話の描写すら無かったから一瞬誰かわからんかったわ。そして何故彼女にヒビキが死んだと伝えたか意味不…まさか裏切者扱いしてたの恋愛絡みか?なら浅すぎる。喘息持ちの子のために吸入器探してた途中で銃撃されたりしたけど雑。床に穴くらい開けるCG処理くらいしろや。後知り合いがばったり合う率が高すぎるwDV男の話いらんかったやろ。最後に変異型100万人に1人←は?ってなったわ。もちろんパンデミック起こってから短期間でそんなに見てるわけないよな?外から来たという記者さんはどこから来たの?外もゴーレムに溢れてるやんwつかただの金網丈夫だなwあんなにゴーレムに圧かけられて倒れないとかw

第7話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 響(竹内涼真)が遭遇したのは、病死したはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムだった!
  • しかし、二人の前に現れたのは血の匂いに誘われた琴子のゴーレムだった!
  • ミンジュンがゴーレムに変わるまでもう時間がない!響は最後の望みに賭け、一人投降することを決める!

響(竹内涼真)が遭遇したのは、病死したはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムだった!変わり果てた母の姿にショックを受けた響は、トドメをさせないままその場を後にする……。一方、響を心配して引き返した佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)は、来美くるみ(中条あやみ)と勝利しょうり(田中奏生)に鉢合わせる!妹を“テロリスト”に殺されたと思い込む勝利はミンジュンに襲いかかるが……!来美は勝利を守るため、ミンジュンにナイフを向ける!怪我を負いながらもなんとかその場を立ち去ったミンジュンと佳奈恵。しかし、二人の前に現れたのは血の匂いに誘われた琴子のゴーレムだった!絶体絶命の状況でゴーレムともみ合いになるミンジュン。しかし、腕に残された噛み傷からは血が滴っていて……!!首藤しゅとう(滝藤賢一)は、ワクチン開発に必要なゴーレムがテロリストによって放たれたとうそぶき、駐屯地内に武装した自警団が必要だと主張。皆を扇動しようとしていた。テロリストを憎む来美もまた、首藤の影響を受け始めていた……。

その頃、御前崎おまえざき(宇野祥平)に助け出された響は猿ノ島にいた。かつて研究員をしていた御前崎から、首藤の恐るべき本性を聞く響。首藤は研究に取り憑かれるあまり、琴子や生きた人間を実験台にしていたのだ!さらに響は、自分が来美を助けようと危険を冒したことで、ミンジュンがゴーレムに噛まれたことを知り責任を感じる。そんな中、響たちが駐屯地から尾けられていたことが発覚する!尾けてきたのは、ミンジュンの姉で首藤の右腕・ジアン(玄理)……!響はジアンからある条件を出される。それは響がテロリストとして投降すれば、ミンジュンのためのワクチンを手配し、他の仲間たちを不問にしてもいいというものだった。ミンジュンがゴーレムに変わるまでもう時間がない!響は最後の望みに賭け、一人投降することを決める!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・また今回も船で出発する場面をすっ飛ばして唐突に漂流してる場面から始まるが、まあそれは良いとして辿り着いた島に刀集団がいるという奇跡。 そしてそこに首藤教授の元部下がいる奇跡。 で、この島を望む防波堤で響がお母さん、来美とよく訪れてたという奇跡。 来美の遺伝子からワクチンを作れるという奇跡。 で、響、響の母親もなんらかの研究対象になる遺伝子だったという奇跡。 その遺伝子を持つ響と来美が婚約者になるという奇跡 そして首藤教授は母親の主治医で、何十年という時を経て大都市で人口が多く広い神奈川県で、しかもこんな場面でこんな立場同士で響と再会するという奇跡。 首藤教授はこの頃からゴーレムウイルスの実験をしてたのだろうが、それにしてもだ。 ちなみにDV夫と三原親子の再会も奇跡。 で、韓国人兄弟も両組織に分かれてるという奇跡。 町内でもなかなか起こらないような奇跡が、混乱の神奈川県・日本を舞台にして連発しまくり! 昭和のドラマではこういうのが当たり前だったけど、令和のこの時代にこの設定で行けると思ってる感覚が凄い(笑)

・殺してしまったのはマズかったね。来美は愛奈ちゃんの為に臨床実験に参加した訳だし。まぁ、あの状況なら仕方ないし、ワクチン研究だ何だ言ってるけど、ゴーレムが人間には戻らないでしょ? しかし、自衛隊長もゴーレムになっちゃうし、病死した筈の母ちゃんまでゴーレム 最後は響以外、みんなゴーレムかも。 来美や等々力がゴーレムになっても、響は殺せるのかな。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・今日も「天国と地獄」の後に「君と世界が終わる日に」という流れだったので、余計にこのドラマの粗さが目に付いて・・・ でもそれが・・・・・大好物なんだよなぁ〜!! それじゃあ行っちゃいますか〜! 今日のおかしなトコ! ダ〜ブルパチンコ〜! まず今回も船で出発するまでのくだりをすっ飛ばして唐突に漂流してる場面から始まるが、それは良いとして辿り着いた島に刀集団がいて再会するという。 で、そこに首藤教授の元部下がいるという。 あと以前 報告書を改竄した自衛隊幹部がいなくなっても全然騒ぎにならなかったが、今回は神保さんがいなくなったらすぐ気づいた(笑)でもゴーレムに噛ませてすぐに退場。 有名俳優の無駄遣いね。 で、響達が部屋に入ってくる直前に神がかったタイミングでゴーレム愛奈のベルトを緩める愛奈のお兄ちゃん! そして響達を襲ってきたゴーレム愛奈を刺す場面を兄貴が目撃、そこに来美が絡んできてややこしい展開に! 等々力が弓矢で自衛隊を射ちゃった時に続いて響が恨みを買うことに。

・艇泊している船が、ゴーレムに囲まれ奮闘の末、ギリギリ船に乗り込むという、美味しいエピソードを丸々カットし。 演者に「ゴーレムに囲まれて、確認しないで船に乗ったら燃料が無くて、漂流してます」と説明させて、よりチープ感を強調するバカな脚本。 本気か? 毎回、奇跡の連発!凄いなぁ 毎回エンディングで、プロ野球ニュースの「今日のホームラン」みたいにダイジェストで「今日の奇跡」って流したら、バズるかもww 等々力君、君、完全に美来目当ての、行動安っぽ過ぎるで 逃走中急に「潮の匂いがする、出られるかも」と、いやいや海辺ですから、ずっと潮の香りしてますって! 鼻詰まってた? そして潮の香りを頼りに行動して、何故照明も無い地下に行く? あの暗闇カットが、欲しかったのかな。 今回は竹内君、缶詰の数制限されたので、料理の腕振るえませんでしたねw あと、マキタスポーツ棒切れ一本で、一人船に残るって、実はマキタスポーツが最強なんじゃないかと思うww

第8話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレムに噛まれたのは“女”に刺された傷が原因だったと知った響ひびき(竹内涼真)は、“女”の正体が来美くるみ(中条あやみ)だとは知らずに、憎しみを募らせていた。
  • 翌日、島に見慣れないゴムボートが接近!乗っていたのは駐屯地から偵察に訪れた等々力だった!首藤の下につき、島を明け渡せと迫る等々力に、響は激しい怒りを爆発させる!
  • 駐屯地では帰りの遅い等々力を案じて、自警団のメンバーが再び島を目指す準備を始めていた。その中には、来美の姿もあり……。響と来美、二人の運命の歯車が再び動き出そうとしていた!

ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレムに噛まれたのは“女”に刺された傷が原因だったと知った響ひびき(竹内涼真)は、“女”の正体が来美くるみ(中条あやみ)だとは知らずに、憎しみを募らせていた。

仲間たちもまた、ミンジュンを失ったことで復讐心に駆られる。一方、駐屯地にはゴーレムが侵入し、生存者が激減。首藤しゅとう(滝藤賢一)を裏切り、冷凍保存装置の中にワクチンが存在しないことを知ったジアン(玄理)は、駐屯地の一室に幽閉されていた。ワクチンの代わりに冷凍保存装置の中にあったものとは一体何なのか?そんな中、駐屯地で結成された自警団は、安全な場所を求めて駐屯地外への調査を始める。そして、首藤がワクチン開発に尽力していると信じる来美は、首藤への信頼を益々厚くしていた。償いのため、自分の体を使った臨床実験を進める来美。そんな来美の心の傷を目の当たりにした等々力とどろき(笠松将)は、思わず来美を抱きしめて……。

響は仲間たちと生き残るため、まだゴーレムが発生していない島を協力して守ることを坪井つぼい(小久保寿人)に持ちかける。冷静を装い、淡々とやるべきことをこなす響。しかし、来美を忘れようと誓ったその心は復讐の怒りに支配されていて……。響を心配し、思いを募らせる佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)は、寝ている響に思わず……。

翌日、島に見慣れないゴムボートが接近!乗っていたのは駐屯地から偵察に訪れた等々力だった!首藤の下につき、島を明け渡せと迫る等々力に、響は激しい怒りを爆発させる!その頃——— 。駐屯地では帰りの遅い等々力を案じて、自警団のメンバーが再び島を目指す準備を始めていた。その中には、来美の姿もあり……。響と来美、二人の運命の歯車が再び動き出そうとしていた!

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・結構初期から「???」と展開や行動に謎や疑問多かったですが、感想見て皆さん同じツッコミされててホッとしました。もう無茶苦茶加減が気になりドラマには集中できないのに涼真くんが無駄に演技力をみせてくれるので時々脳が混乱してます。これは笑うとこやね?いや泣くとこか!?みたいな。個人的に竹内涼真さん好きではないすが、でも演技にはひきこまれます。スクールポリスの藤原くんといい、ヒロインとの温度差も半端ないですが、なんですかねこのアンバランスさ。仮想世界にいる超リアルな人みたいな感覚が病みつきになりそう…。とりあえず毎週画面にツッコミ入れつつですがまだ見続ける予定です!

・ゴーレム愛奈になった時 来美に「お前が目を離すからだろ!」とかキレてる時から面白かったんだが、毎回オモシロシーンがある(笑) 今日は大活躍だったな(笑) 「俺強くなりたい!」(笑) ある意味、今後キーマンになるのだろう。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・逃げるとき、撃たれてゴーレムが寄ってきたとこから島に帰るまですっ飛ばした! 響が突然ドアから入ってきたんで驚いたわ・・・ 先週も冒頭でいきなり船で漂流してる場面から始まったが、今週もやりやがった! どうせ来週もやるんだろうなー・・・ で、ミンジュンは腕だから銃で撃たれてもタオル巻いとったらすぐ直ったけど、響も来週には治るかなー・・・? 腹にはタオルじゃ短いから巻けないんじゃない? あと、いい加減、薬はバッグかポケットに入れることを学ぼう。 他にもいろいろあるけど、皆さん書いてるんで省略。 でも、ミンジュン早く退場させたなー・・・数少ない好感度キャラなのに。 大谷さんとか早く退場してて良かったよ。 転化して「うわ~~~~!!」とかやらされてたら、俳優人生が終わるよ。

・中学生が脚本家なの?ってくらいに 誰でも思い付くつまらない展開 愛し合ってる恋人達を憎しみ会う形にしたろw とか 子供が考えそうな浅はかな展開すぎて絶句 毎回あまりのつまらなさに絶句してるけど 毎回絶句レベルが更新されるくらい酷い テレビ局もまぁ高い予算用意して こんなゴミストーリーにOK出したよね… 24JAPANと言いドラマの質の低下が著しい 毎回うすら寒いエンディングやめてくれないかな ひびき&くるみって完全自己中のゴミじゃん 憎んでる相手がお互いだと気づかないまま 相討ちして終わってくれないかな

君と世界が終わる日に(ドラマ)のちょこっと裏話
中条あやみさんの小ネタ

大阪市出身の中条あやみさん。

特技は英会話、ピアノ、バイオリンだそうです。

ピアノは祖母、バイオリンは父の影響で子どもの頃から中学まで習っていたようで、中学ではバトミントンもしていたので運動も得意なんだとか。

また父は空手の先生だったので空手も習っていたそうです。

地元の大阪には行きつけのサウナがあるんだとか!

竹内涼真さんの小ネタ

竹内涼真さんは1993年4月26日生まれで、俳優やモデルとして活躍されています。

そんな竹内涼真さんですが、サッカーが得意で大学にもサッカー推薦で進学をします。

怪我をきっかけにプロの道は断念されましまが、目立ちたがりな性格であったこと、映画やドラマが好きだったということから芸能界に興味を持ちます。

そして、女性ファッション雑誌のminaのモデルオーディションで見事グランプリを獲得。

俳優の夢を捕まれました。

今後の活躍にも期待ですね!

大谷亮平さんの小ネタ

大谷亮平さんは1980年10月1日生まれ。

モデルとしても活躍されています。

大谷亮平さんは、海外で活躍したあとに日本で活動を始めたということもありハーフ説もあります。

確かに、ハーフ顔ですよね!

実際のところ、大谷亮平さん自身はハーフではないと否定されているそうです。

それにしても、イケメンですね〜。

笹野高史さんの小ネタ

笹野高史さんは、兵庫県の出身で72歳。

1948年6月22日生まれです。

日本大学芸術学部映画学科を受験し、俳優コースはバカにされそうだからと監督コースに丸をつけて願書を出したそうです。

その後、中退をし船員となりますが夢を諦めず、再び舞台を踏みます。

そして、俳優の活動をされるようになったそうです!

笠松将さんの小ネタ

笠松将さんは愛知県出身の28歳。

1992年11月4日生まれです。

182cmの長身で「ハイテンションだったりイライラしたり」と感情の起伏が激しいと自身で語っているそうです。

役柄に活かせるか楽しみですね!

キム・ジェヒョンさんの小ネタ

キム・ジェヒョンさんは、韓国のミュージシャンとして活躍し

俳優としても成長している注目の男性です。

1994年7月15日生まれで26歳。

身長は180cmです。

今後の活躍が楽しみですね!

滝藤賢一さんの小ネタ

滝藤賢一は、日本の俳優さんで愛知県名古屋市の出身。

1976年11月2日生まれで44歳。

身長は177cmです。

役作りでは撮影をする前からイメージトレーニングをするそうで、呼吸する位置まで決めるんだとか!

本格派で凄いですね♪

玄理さんの小ネタ

玄理(ヒョンリ)さんは東京都出身の34歳。

渋谷区で生まれました。

身長は168cm。

韓国人の両親のもとに、東京都で生まれ

・日本語

・英語

・韓国語

を話すトリリンガルなんだとか!

すごい才能ですね!