2021年春ドラマ

今週のオー!マイ・ボス!恋は別冊でを見逃した方へ。1〜3話を無料で見る方法!

(出典:TBS『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』)

この作品を観るならココ!
配信サービス名 視聴可能 無料期間
Paravi 2週間

Paraviの特徴

  • TBS系列,テレビ東京、WOWOWのドラマ、映画、アニメなどが観られる
  • 初回2週間無料トライアル
  • 500円チケットが毎月貰える
  • コンサートやライブ系も充実している
  • スマホ、パソコン、テレビなど、デバイスを選ばずに視聴可能

関連記事
・Paraviのメリットデメリットって?使って分かるユーザーの声

※情報は2021年1月時点のものになります。詳細は公式サイトよりご確認ください。

他社サービスとの比較
配信サービス名 視聴可能 無料期間 月額(税抜)
Paravi 2週間 925円
FOD × 2週間 888円
U-NEXT × 31日間 1,990円
Hulu × 2週間 933円
TSUTAYA DISCAS/TV × 30日間 2,417円
クランクインテレビ × 14日間 1,500円
dTV × 31日間 500円

※情報は2021年1月時点のものになります。詳細は各公式サイトよりご確認ください

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法

Paraviの「2週間無料トライアル」を利用しましょう。
こちらの「まずは2週間無料体験」からベーシックプランに加入
通常925円(税抜)の会員費がかかるところ、2週間以内に解約すれば無料です。

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ドラマ)のあらすじ、感想、ネタバレなど
第1話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 鈴木奈未は東京で暮らしている幼馴染の健也に片思い中
  • そんな健也を追いかけて田舎町から上京してきて就活をしている
  • 面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介  と知り合う。

東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。

安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。

面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。

あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・バランスがとても良く取れてると思います。(ナビ番組を視聴しました)それはキャラクターの個性もそうですが、ビジュアル的にも上白石萌音さんの周りを美女美男で固めたのがいいなと思いました。上白石さんは地味を取り柄としてる為、周りをより綺麗に映えさせる効果をもたらしてるかと思います。その力を最大限に活用して欲しいです。奈未はドジ役ではないとのことでそこも安心してます。

・まだドラマ初回放送前なので見ていませんが、あらすじからすると、映画『プラダを着た悪魔』のようなストーリーかなと思いました。

・平凡女子の主人公・鈴木奈未役を演じる上白石萌音は『恋は続くよどこまでも』以来、火曜10時の出演ですね~。(共演者が編集長・宝来麗子役の菜々緒、御曹司役の玉森裕太、若手編集者役の間宮祥太朗、若い女子社員に人気の副社長・宇賀神慎一役のユースケ・サンタマリアとなっており、ユースケ・サンタマリアが怪演技を演じるか注目ですね~。期待したいのが、上白石萌音は妹・萌歌と共演で出演してほしいですね~。)

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・ヒロインが上白石萌音なので見る気が失せる。
あの子ちんちくりんだから、脇役で十分でしょ。もっと可愛い子ならたくさんいるのに、何故あの子?

第2話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 見合話を断る口実として潤之介  の彼女役を引き受けた鈴木奈未  は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。
  • 姉として紹介されたのはなんと鬼上司の宝来麗子 で、最悪の状況に焦った奈未はその場しのぎに麗子にいろんな嘘をついてしまい、より事態は複雑な状況になる。
  • 交渉の大役を押し付けられてしまった奈未は、潤之介にSOSを求め……。

お見合話を断る口実として潤之介 (玉森裕太) の彼女役を引き受けた鈴木奈未 (上白石萌音) は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。

しかし、姉として紹介されたのはなんと鬼上司の宝来麗子 (菜々緒) だった。最悪の状況に焦った奈未はその場しのぎに麗子にいろんな嘘をついてしまい、より事態は複雑な状況に……。

翌日、『MIYAVI』の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太 (間宮祥太朗) が提案した漫画家とのコラボ企画が採用された。さらに麗子の発言で人気漫画家・荒染右京に依頼することが決定する。

何かを企んでいる様子の麗子は、前日についた“奈未の嘘”がきっかけで奈未に荒染との交渉の席につくよう命令。交渉の大役を押し付けられてしまった奈未は、潤之介にSOSを求め……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・萌音ちゃん、素朴で、いい意味で普通の子で可愛いです。それから演技も自然で上手だと思います。
菜々緒と正反対なのもイイ。
それから、玉森くんカワイイ。子犬系王子様。
普通の女の子が、こんなにイケメンの御曹司と恋をするところに夢がある!!
逆に、中条あやみさん、新木優子さん、広瀬すずさんあたりだと、可愛すぎて面白味がなく見なかったかも。。

・低評価が多くて気になりましたが、見てみたら面白かったです。
ストーリーはなんのひねりもないベタな展開で、韓ドラのそれに似ていますが
十分に面白いと思います。
キャスティングもそれぞれのキャラにあったものになっていると感じました。
上白石萌音と玉森君がくっつくので、そこが許せない女性陣からはヘイトを集めそうな気はします。

玉森君の演技は、下手とまではいかないけれど安定していないと感じました。
優しい王子様キャラという設定だと思いますが、発声方法に問題があるのか
ときどきセリフ感を感じてしまいます。

・バラエティで見てる時は可愛いのに、
ドラマや映画となると華が無いように感じます。
演技力にも欠ける気が(^-^;

上白石萌音ちゃんは、恋つづよりずっと良いですね。

菜々緒さんや正体不明な役がハマり過ぎな
ユースケさんが出ているので
今後も楽しみに見ます。

・内容はTBSらしくしっかり作り込んでいてなかなか面白かったが、やはり誰もが思うのは映画「プラダを着た悪魔」の焼き直しなんじゃないかということだろう。しかもプラダは15年前の映画。あの時は、主人公が激烈に働かされていてもすごいハードワークだなと思っただけだったけど、現在のコンプライアンスにうるさい世の中の視点から観ると、労働時間などの就業条件が明確にされず言われるままに働かされる主人公の姿はとてもひっかかるものがある。このズレは意図してやっているのか。それともただの焼き直しとしての時代のズレなのか。今後の展開でわかっていくのだろうか。

・仕事ラブコメの期待を裏切らないテンポとキャラ設定。菜々緒さんがメイクバッチリでバリバリな感じに対し、上白石さんはほぼスッピン。アップにしてもほぼスッピンだし、役作りで体重増加してて女優としては嫌な役回りだろうけど、ジャンルがコメディだからと手を抜かず長い時間かけて平凡なスタイルに合わせてきたんだろうなって思うと本気度が違うところに感心する。これ見たあとYouTubeで上白石さんがオンマイオウンとか、ばっちりメイクしてる時のなんでもないやを歌ってる姿見ると同じ人なのかどうか迷うレベル。プロですね。

第3話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 付き合っているフリを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。
  • 潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。
  • 他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。

付き合っているフリを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う奈未 (上白石萌音) 。さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

一方、『MIYAVI』編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。編集部員たちが校了に向けて慌ただしくしている中、編集長の麗子 (菜々緒) から、急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示が出る。光希の特集を担当していた中沢 (間宮祥太朗) は、その指示に納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。

さらに、他の編集部員からも麗子への不満が続々と噴出し、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかの二択を迫られる事態に…。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・フツーに面白く見てますが、皆さん辛口ですね。
確かに萌音ちゃんは美少女ではないけど、見る人を惹き付ける不思議な魅力がある女優さんだと思います。
1時間あっという間で、そりゃドラマだから多少ご都合主義なところは有りますが、今期のドラマの中ではかなりイイ感じです。
それにファッション業界が舞台の話なので華やかで目の保養になるし、今期はサスペンスやミステリー系が多いので、こういうドラマがあっても良いと思います。

・恋をする人が減ったからなのかな~
恋愛の先に、結婚があるけれど...今の女性も、男性も
恋愛に興味がある人が少ないと思います。

だから、恋ドラマでキュンキュン、恋って、苦しいけれど、楽しいんだよって言うドラマが増えたのかもしれませんね。

特に、コロナ禍で一人暮らしや独身に対しての考え方が変わりつつあるのかもしれませんね(^ー^)

若いって良いですね

・菜々緒さんの流ちょうな英語に録画を巻き戻して二度見してしまいました。

話のストーリーはともかく、上白石はんが可愛い、菜々緒さんがカッコいいで見てましたが、話も面白くなってきました。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・ドラマには珍しく、向上心があまりないヒロインだなと思いました。でも今も昔も自分の好きな事を職にしてる人ってあまりいないので、普通はこうだよな~と思って見てます。(上司への態度とかは酷いですが...。)

私はドラマを見ていて、このヒロインはどこでもある程度やっていける真面目さを持ってると思いました。分からない業界用語がある中でも仕事はそれなりにこなしてますし、新人なのにあんな重役を任されて無理だ~って言ってしまう気持ちも理解できます。恋つづの影響のせいかドジな役/元気な役と勘違いされてる方もいるのですが、ドラマ本当に見てるのかちょっと疑問です。

・菜々緒ストリープが、萌音ハサウェイをなぜか見込んで成長させてくって話ですよね?

設定は、あくまでもオマージュってことで、ほどよくみんなの好きなキュンキュン系をちりばめてみましたーってね。

現実はストレスばっかりだから、これくらいなにも考えず見られるドラマがちょーどいいんじゃないん?

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ドラマ)のちょこっと裏話
上白石萌音の小ネタ

上白石萌音さんは秀才とも言われているんだとか。

現在の趣味は本を読むこと、音楽を聴くこと、歌うこと 踊ることだそうなのですが英語検定2級、スペイン語検定6級の資格を持っているそうです。 

また3歳からピアノを習っていましたが、音楽が流れると踊ったり歌ったりしたくなってしまい体が勝手に動いてしまうため小学1年生の頃に断念し、現在は再びピアノの、練習もされています。

高校時代の好きな教科は英語だったこともあり大学では英語教育に力を入れている学部に所属し、英語漬けの日々を送っていたんだとか!

英語の資格も持っていてペラペラなのでしょう♪

玉森裕太さんの小ネタ

ジャニーズ、Kis-My-Ft2のメンバーとしても活躍する玉森裕太さん。

最近は、バラエティ番組などでも見かけることが増えてきましたね!

2012年のいきなり!黄金伝説に出演されたときは、一ヶ月1万円生活で優勝を果たされたこともあるんですよ〜。

そんな、玉森裕太さんは1990年3月17日生まれ。

東京都出身だそうです。

玉ちゃんの活躍が楽しみですね!

菜々緒さんの小ネタ

キリッとした顔立ちの美人な菜々緒さん!

菜々緒さんは1988年10月28日生まれの女優、タレント、ファッションモデルとして活躍をされています。

本名は荒井菜々緒さんだそうです!

そんな菜々緒さんの趣味はゴルフと釣りという意外なものなんだとか!

焼肉店でアルバイト経験もあるそうです〜。