2020年冬ドラマ

【公式見逃し動画】この恋をあたためますかを見逃した方へ。ドラマ配信を無料で視聴する方法!

(出典:TBS『この恋あたためますか』)

この作品を観るならココ!
配信サービス名 視聴可能 無料期間
Paravi 2週間

Paraviの特徴

  • TBS系列,テレビ東京、WOWOWのドラマ、映画、アニメなどが観られる
  • 初回2週間無料トライアル
  • 500円チケットが毎月貰える
  • コンサートやライブ系も充実している
  • スマホ、パソコン、テレビなど、デバイスを選ばずに視聴可能

無料トライアルを試してみる!

関連記事
・Paraviのメリットデメリットって?使って分かるユーザーの声

※情報は2020年11月時点のものになります。詳細は公式サイトよりご確認ください。

他社サービスとの比較
配信サービス名 視聴可能 無料期間 月額(税込)
Paravi 2週間 1,017円
FOD × 2週間 977円
U-NEXT × 31日間 2,189円
Hulu × 2週間 1,026円
TSUTAYA DISCAS/TV × 30日間 2,659円
クランクインテレビ × 14日間 1,650円
dTV × 31日間 858円

※情報は2020年11月時点のものになります。詳細は各公式サイトよりご確認ください

この恋あたためますか(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法

Paraviの「2週間無料トライアル」を利用しましょう。
こちらの「まずは2週間無料体験」からベーシックプランに加入
通常1017円(税込)の会員費がかかるところ、2週間以内に解約すれば無料です。

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

この恋あたためますか(ドラマ)のあらすじ、感想、ネタバレなど
第1話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • コンビニ「ココエヴリィ」でアルバイトをする元アイドル志望・井上樹木の趣味は、コンビニスイーツのレビューをSNSに投稿すること。
  • ネット通販会社「エクサゾン」に所属する浅羽拓実は、低迷している「ココエヴりィ」立て直しの為に出向。改革案としてスイーツに目を付け、シュークリーム開発に打って出る。
  • そんな折に、偶然知り合った樹木のSNSでのレビューが的確だと社内で噂され、樹木に新商品の開発を依頼することに。

「人を幸せにしたい」。

そんな思いを抱いて活動していたアイドルグループをクビになり、その夢が破れコンビニでアルバイトをしている井上樹木(森七菜)。唯一の楽しみといえば、お手頃価格のコンビニスイーツを食べ、その感想をSNSにアップすることだけ。

ある日、樹木は偶然知り合った浅羽拓実(中村倫也)と口論になる。彼はEコマースを運営する会社から樹木がアルバイトをしているコンビニに出向し、代表取締役社長になったばかりだった。

業界最下位のコンビニ「ココエブリィ」の経営立て直しを命じられた浅羽は、定番商品であるスイーツのリニューアル案を打ち出した。

だが、別会社から出向してきた浅羽が打ち出した改革案は、スイーツ課から猛反発されてしまう。社内公募でも目ぼしいアイデアが集まらず途方に暮れる浅羽。そんなとき、業界で密かに注目されているスイーツ批評のSNSアカウント「キキかじり」の噂を耳にする。その正体が樹木であることを突き止めた浅羽は、ある行動に出る―。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/cocoa_chopper/status/1327233660420907008?s=19

https://twitter.com/remonnoegao/status/1328153528531963906?s=19

https://twitter.com/remonnoegao/status/1328153528531963906?s=19

・嘘のような若い恋〜!森七菜さんがイイ。たまらなくキュンキュンしました。これからも楽しみ!

・凪のお暇の制作陣が集まっているので(キャストも何人か同じ人を起用)面白いです。
TBSのドラマはやはり他局よりも演出が凝っていて見ていて飽きません。
コロナの影響で撮影がストップしない事だけを願います。

・太賀以外このドラマには興味はなかったのですが、やめずに良かったな~と思ってます。ありがとう(笑)

・中村倫也のむだづかい!ってこれももう古いかな。
スーツめがね倫也さまかで惹きたいのはわかるけど、違うのです。太賀もね、こんなそこらへんにいるような、粘着っぽい男じゃないのに。
これは超個人的な感想ですが、静河さん?の顔の長さがどうしても気になってしまう。
そして、キキの、似合ってない巻き髪も気になる。

・見ているうちに、だんだん面白くなってくる。デート最高!今後の展開が気になる。

第2話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 一番売れるシュークリームのアイデアを提出して採用された樹木と新谷。
  • アイデアがより有力なものが出たという情報を耳にする。
  • 一番売れるシュークリームのアイデアを提出したのは商品部スイーツ課の里保だった。

「一番売れる」シュークリームのアイデアを提出して見事採用された樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)だったが、社内でもう一つの有力なアイデアが提出されたことを聞く。 提出したのは商品部スイーツ課の里保(石橋静河)。

どちらのアイデアを商品化するかを決めるため、浅羽(中村倫也)によってコンビニ店のアルバイトに戻っていた樹木は、再びココエブリィ本社に呼び出され―。

一方で、里保は最新スイーツ店を訪れた浅羽と偶然出会ってしまい―。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/popolas27/status/1328638449805455360?s=19

https://twitter.com/apple_kawaiii/status/1321022947998351362?s=19

https://twitter.com/beefchan/status/1326158336115404802?s=19

・社長のツンデレに引き寄せられるわ〜!!次もの楽しみ

・久しぶりにヒットです(*^^*)少し落ち着けと言いたくなるような話の展開

・中村倫也さんは決してイケメンだとは思いませんが、本当に大好きです。ドキドキします。押さえた演技の中にも目線や微妙な表情で気持ちの変化が分かり…切ないです。だから、火曜の夜は眠れません?

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・どんどん面白くなくなっていく。主人公が無理すぎて
見てるのしんどい。

・なりふり構わない元気なヒロインっていうのはわかるんだけど、股を必要以上に開いたり胡座かいたり、なんとかっすみたいな言葉づかいもどうもがさつで気になる。
社内の時くらいうっすじゃなくてハイと言わせてほしい。礼を言う時のあざ~っすには閉口した。

・ただ、デートしてるだけで話が入ってこない

第3話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 樹木は、里保が開発して商品化が決定したシュークリームの配送テストを手伝うことになる。
  • 共に作業をこなす中で樹木と里保は徐々に打ち解けていく。
  • 浅羽が万が一を考え、ある策を講じるが樹木、新谷、里保は複雑な思いになってしまう。

樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が開発して商品化が決定したシュークリームの配送テストを手伝うことに。

浅羽(中村倫也)に必要とされたことに喜びを感じた樹木は、商品化に向けてまい進する。

そして、共に作業をこなす中で樹木と里保は徐々に打ち解けていくが、テストをクリアできずに里保は焦りを覚える。そんな中、新商品の発売日が迫ってくる。

万が一を考えた浅羽はある策を講じることに。それを聞いた樹木、新谷(仲野太賀)、里保は複雑な思いになる。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/5arsmagic/status/1326121987245137921?s=19

https://twitter.com/Blue1701/status/1327962863294509057?s=19

・展開がヤバい!切なくて切なくて…入り込んでしまった…(笑)

・森七菜さんが可愛すぎてシンプルに好き。

・ちょっと引いたけど、今回は良かった。
中村倫也は「凪のお暇」のゴンさんも似合ってたけど、スーツ姿も良いねぇ。愛車はAudi、いかにもって感じながら、らしいよね。
ストーリーも急展開。来週の予告編もなかったので、どうなるか興味津々。

・ベタすぎるんだけど、だけど見てしまう。面白い。中村倫也さんがリアメすぎて、まるで彼氏の浮気を見ているよう。笑

第4話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 浅羽と里保が抱き合っているところを見てしまった樹木。
  • 里保をリーダーに樹木と新谷の3人は、リンゴを使ったスイーツ作りの新たなプロジェクトをすることにる。
  • 新谷は里保から「浅羽に抱きしめられた」と聞く。

浅羽(中村倫也)と里保(石橋静河)が抱き合っているところを見てしまった樹木(森七菜)。

開発したシュークリームが発売され、社長室に呼び出されるが、浅羽を直視できない。

そんな中、新たなプロジェクトが立ち上がる。里保をリーダーに樹木と新谷(仲野太賀)の3人は、リンゴを使ったスイーツ作りの開発に取り掛かることに。しかし浅羽と里保のことが気になり、樹木は作業に集中できずにいた。

一方、新谷は里保から「浅羽に抱きしめられた」と聞き……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/koiata_tbs/status/1326142325458784256?s=19

https://twitter.com/koiata_tbs/status/1326169376702132230?s=19

https://twitter.com/gacharow/status/1326379491116130305?s=19

https://twitter.com/so_ma115/status/1326313322661044225?s=19

・中村倫也さんのキャラが合いすぎてて最高。ドMにはたまらないドラマかも?w

・リアタイしています(録画もしてます)キキちゃんとお食事したお店で、入店してジャケットを脱ぐまでの所作の美しさたるや。優しくキキちゃんへ話しかける声の柔らかさよ。惚れぼれします。

・最初の仲良しはどうなったの〜?社長…焦らず展開がヤバい。とりあえずシュークリームが食べたくなる回。

・ききちゃん役の森ななさん、エネルギーに満ちてて最高ですっ!新谷さんの一途な恋愛もすごくいいですし、ものをを作るって情熱に溢れてて、こんな風に働きたい!と思いました。爽やかだし、今期1番のドラマだと思います。

・だんだんと人間関係が浮き彫りになってきて面白くなってきた。森さんの浮き沈み激しすぎる。

第5話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 新谷からの突然のキスに戸惑う樹木。そして、里保が浅羽と復縁を望んでいることを知る。
  • ココエブリィに経済誌とテレビから密着取材が申し込まれ、取材対象者に選ばれたのは樹木。
  • 樹木への恋心を自覚した新谷は、樹木をデートに誘うことになる。

新谷(仲野太賀)からの突然のキスに戸惑う樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が浅羽(中村倫也)と復縁を望んでいることを知り、

さらに複雑な気持ちになってしまう。

そんななか、ココエブリィに経済誌とテレビから密着取材が申し込まれ、新しいスイーツ商品の展開を作った社長の浅羽とともに、

取材対象者に選ばれたのは樹木。社長と一緒に取材を受けることになり、慌てふためく。

一方、樹木への恋心を自覚した新谷は、樹木をデートに誘う。そして同じ頃、里保も浅羽の携帯にメッセージを送り……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/arbre_staff/status/1328677174136586240?s=19

https://twitter.com/nyasotann/status/1328625827282526208?s=19

・キキちゃんの「社長は独りぼっちじゃない」「人を幸せにするスイーツが作りたい」という言葉で
浅羽さんの表情が和らいでいくのが凄い。表情だけでここまで視聴者に伝えられるものか。
・会社の行く末が気になる。もしかして、結局浅羽体制の方がよかったという社員から声が上がって、呼び戻しとかもあるのでは?
・ようやく新谷くんが樹木に告白。
前回、遠回しに北川さんと浅羽社長のヨリが戻るかもしれないと伝えて、樹木に諦めさせる方向に持って行こうとしたのは汚いと思ったが、
ストレートに想いを伝えるあたり、やっぱりいい人なのかも?
・浅羽に新作スイーツを届けようとした樹木は勢いで告白までするも受け取ってもらえず…。りんごプリン無残。
・車に乗った浅羽を引き止めようとする樹木の言葉が印象的。今後の2人の関係の変化に注目したい

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・やっぱり、ヒロインの話し方苦手。 何言ってるかわかんないから。
・火10時枠のドラマは好きですが、今回は華やかさがない気がする。キャスト嫌いない人とかいないから、何とか見続けたいと思います。

第6話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • ココエブリィ本社では、浅羽を背信行為として退陣させた神子が社長代行に就任している。
  • 里保がプロジェクトリーダーを務めるりんごのプリン=アップリンの開発が中止になる。
  • 新谷は、樹木を誘い浅羽の自宅へと押しかけるがそこである光景を目にする。

ココエブリィ本社では、浅羽(中村倫也)を背信行為として退陣させた神子(山本耕史)が社長代行に就任し、徐々に旧体制に戻ろうとしている。

スイーツ課では、樹木(森七菜)は心ここにあらずの様子。

里保(石橋静河)がプロジェクトリーダーを務めるりんごのプリン=アップリンの開発も中止になり、次の企画へ方針転換が言い渡されその対応に追われていた。見かねた新谷(仲野太賀)は、樹木を誘い浅羽の自宅へと押しかけるとそこには……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/jmaria54171523/status/1328921791285215232?s=19

https://twitter.com/tottokomo/status/1328919735782629377?s=19

・なぜたが楽しく、そして樹木ちゃんを見守るような気持ちでみている。
会社員としての常識を持っていないし、ロマンチックなところも持ち合わせていない粗野な樹木ちゃんだけれども、正直で一生懸命なところが可愛らしいのだ。

・太賀以外このドラマには興味はなかったのですが、やめずに良かったな~と思ってます。ありがとう(笑) 樹木さんが少しづつ成長してきたのが良き。前髪も帽子の中に入れて欲しいけど、きっとその方が可愛くなると思うけど、スイーツ作ってる時の姿がこざっぱりして爽やかになりましたね。このドラマには、それしか求めてません。

・子供大人が少し大人の階段をのぼり、親に教えてもらえなかったか自ら学ぼうとしなかったのか知らないが躾を身に付ける姿の可愛らしさが見れれば良いと思って観てます。だから、少女漫画枠なのに背伸びして逆襲とか復讐とか成り上がりとかやめて欲しいけど、、(笑)

・ストーリーの核は恋愛なんだろうけど(何せタイトルに恋が入ってるし)樹木の成長物語だとも勝手に思っているので、ここからスパートかけて、盛りあげてください。

第7話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 勢いで伝えた「好き」の言葉が、実は浅羽に聞こえていたことを知る。そして浅羽から「伝えなきゃいけないことがある」と言われ、樹木は動揺する。
  • 浅羽と里保の姿を後から知った樹木は、気持ちを切り替えようとする。
  • 一向に変わらない樹木との関係を前進させるべく、新谷はある決心をする。

勢いで伝えた「好き」の言葉が、実は浅羽(中村倫也)に聞こえていたことを知り、さらに浅羽から「伝えなきゃいけないことがある」と言われ、動揺する樹木(森七菜)。

そんななか、ココエブリィ上目黒店では、温泉への研修旅行で浅羽が思いついた「コンビニの新しい形」がスタートした。だが、そこで働く浅羽と里保(石橋静河)の姿を後から知った樹木は、気持ちを切り替えようとする。

一方、一向に変わらない樹木との関係を前進させるべく、新谷(仲野太賀)はある決心をする。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

https://twitter.com/Natary2cco8blue/status/1331454329232924672?s=19

https://twitter.com/amesupi1224/status/1331421400783982596?s=19

・ほにゃほにゃしゃべってあまり惹きつけられない主役さんと、最近やたらイイ女役であちこち出てきてるけどただ二世というだけだったと知って納得の石橋銀河さん。
どちらもきっと、ただの脇役なら気にならないのですが、演技力が役に見合わないですよね。

同じ二世でも、太賀くんはやはり演技力はずば抜けてますね。
彼が出ているシーンは、目が離せません。

・見た目の事もあってか、二枚目だったり振られキャラが多いかもしれないけど、今回も報われてほしいなぁと応援してしまいます。

話の内容は、もはや訳わからんです。
最初は、敏腕社長風で出て来たけど全然そうでもなかったし、挙句コンビニ店員とワチャワチャ・・・一体どこへ向かうのか?

・毎回楽しみでリアルタイムで見ています。これからの展開が楽しみ。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・皆さんも指摘されていらっしゃいますが、キキの仕事をしてる時の帽子から出てる前髪が目にかかっていて鬱陶しい。
食べ物を扱っているのだから、前髪は全部帽子の中にすっぽりしまうのが常識だと思うのですが。
他の方は、みなさん、こざっぱりしてるのに残念です。
本人が可愛く見せたいからそうしてるんですかね?

・どう見ても韓国ドラマのパクリにしか思えない。コンビニ設定、社長と一般人の恋愛、花火、雪が降ってくる。何もかも韓ドラネタだ。ストーリーですらありふれすぎで、今の韓ドラ人気にあやかりすぎなのではないかと。
二番煎じ過ぎでしょ。

第8話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 樹木と新谷は付き合うことになる。
  • デート中に浅羽と里保に偶然出くわしてしまう。
  • 樹木はスイーツの開発担当から外されてしまい、ショックを受けている。

付き合うこととなった樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)。樹木は照れつつも幸せな時間を過ごしていた。ある日、樹木と新谷は、デート中に浅羽(中村倫也)と里保(石橋静河)に偶然出くわす。

浅羽のことを気にしつつ、なんとか会話をやり過ごす樹木。そんなある日、樹木はスイーツの開発担当から外されてしまう。落ち込んだ気持ちを抱えたまま、ココエブリィ上目黒店を訪れると……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・セカオワの主題歌が、これまたいいんですよね

言葉選びも、里保さん、まこっちゃんたちにそれぞれ置き換えてみても合う気がして
全員にどこか通じるような
つくられているような、そんな世界観が切なくていいです
さすが、フカセさんだなと思います
初めての予告では、なぜか、スターライトパレードでしたが…
silentのほうが合っています

予告、エントランスに浅羽が来ていましたが…
専務の神子さんがどう出るか気掛かりです

・巷では、最後は浅羽と樹木のハッピーエンドの王道ドラマと言われていますが、そこに疑問。ドラマの内容と主題歌の歌詞が相反するからです。セカオワに主題歌の依頼をした時には少なからず、コンセプトや結末は伝えているはず。だから、重要アイテムのスノードームも歌詞に出てくるし。どうみても、ありきたりのハッピーエンドの歌詞ではないです。相手への溢れる気持ちと、クリスマスを一緒に過ごせなかった歌詞です。色々、気になる箇所はありますが、一部抜粋します。この降り積もる雪をやっぱりあなたと見たかったな…見たいではなく、過去形です。では、なぜ見れなかったのか。あなたは私の知らない世界にいる…これは目の前から姿を消してしまったのでしょうか。浅羽と樹木は他の人を傷つけながらも、お互い気持ちに素直になり、クリスマスを一緒に過ごすはずだったが直前、浅羽が事故か何かに遭い死亡とか。とにかくクリスマスに物理的に会えない…というのなら、歌詞とマッチします。そもそも、中村倫也は単なるハッピーエンドで終わる役は過去作品を見ても本当に少ないですから。きっと最後にサプライズがあると期待します…私の考えすぎかもしれませんが。

・コンビニカーを店員たちが見送る時にスーちゃんが台車に座ってたのもイラっとしました。実際にああいう子がいるかもしれないけどあのシーンは台車に座らせたりしないで立たせて笑顔で手を振ればいい。どんな遊び心で制作してるんだと思った
スーちゃんはまともだと思ってたのに…

・この2人を不当に扱ったら、絶対許さんからな!の心境。継続視聴するのは意地です!
5話で最終回でいいと離脱した人が羨ましい。
まだ、あの頃はセカオワもすごくキラキラだったのに、今は終わりにかかると白々しく聴こえる。恋愛ドラマの主人公2人とも、軸がなくて感情移入が全く出来ない。社長は、復讐してるの?ってくらい彼女蔑ろにするし。キキに至ってはこの短期間に3人の男渡り歩いてるからね。しかも最初の彼氏が苦言を呈してくれてたり何気にまともなんだよ。両方この設定いる?
どのカップルでエンドしても次の瞬間気が変わりそうだよね、特にこの主人公2人は。
他のドラマ1巡したけど、このドラマが圧倒的にキャストのお芝居が魅力的なんだよね。
制作陣にこの時期にこの設定この展開でしか作れなかったことを猛省してほしい!
りほちゃんとまこっちゃんが可愛くて可愛くて。だからこそはがゆい。

・色々都合良くて、現実的に見れないなー
まず、コンビニ店員があんな、サボってばかりだといらつく
仕事してる人じゃない
でも、中村倫也が好きだから見てる

きき?の人はあんな人は社会に通用しない

https://twitter.com/LkFDR20zIv5LlBu/status/1336212674749767680?s=19

https://twitter.com/mame5han_5han/status/1336211022655340544?s=19

https://twitter.com/shktan6/status/1336210505355067397?s=19

第9話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 浅羽が、ココエブリィ本社まで自分に会いにきたことに動揺する樹木。
  • スイーツ開発のプロジェクトを巡り、社長室の神子と浅羽の動向が気になる樹木。
  • ある日、樹木の元に浅羽から一通のメールが届く。

浅羽(中村倫也)が、ココエブリィ本社まで自分に会いにきたことに動揺する樹木(森七菜)。

スイーツ開発のプロジェクトを巡り、社長室の神子(山本耕史)と浅羽の動向が気になる樹木、新谷(仲野太賀)と里保(石橋静河)。

そんなある日、樹木の元に浅羽から一通のメールが届く―。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・才能、秀でるものがあると、たたかれ輪からはずれたりする。りほは、きっちり枠にはまる、人から叩かれることもない優等生。たくみが異端児だから優等生なりほが丁度いい感じもしたけど。5話のあらすじをよんだけど、手を繋いで感じるものがあるとか聞いて抱きしめて付き合いスタートって書いてあった。それってお互いの気持ちがまだあったということか。

ききがこの先、浅羽にふさわしい女になる為に本人がマナーを身に着けた時この子はやるときめたらやるし、そうなった時に、浅羽よりずっと若いわけで、まだ21歳のききが女を磨いて数年後は、むしろ浅羽の方が夢中になりそうな。今はまだ野生の猿のような野蛮な部分があるけど、でも嫌な子ではないと思う。相手の心に浸透する言葉をもっている。新谷に、どうするって聞くばかりで自分から言わない、ってききに言われていたけど、そこだよな。やさしいだけでは良い友人止まり。新谷にとっては刺激があっても、ききにとってはほっとするだけの存在。それがいいという女性も多いと思うけど、まだ若いききにとっては、色んな企画、挑戦をする浅羽に惹かれると思う。浅羽とききはお互いがわくわくする存在。

・主人公・樹木(森七菜)は浅羽(中村倫也)と新谷(仲野太賀)のどちらとクリスマスを過ごしたいのか複雑な気持ちになり、最終回の放送が目が離せない展開なので非常に楽しみですね~。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・りほと新谷がかわいそうという感想がおおいけど、浅羽もききも、なにもしてないと思う。

新谷がききを好きでも、それを受け入れるかどうかは相手の自由で、相手に受け入れられなければつらくてかなしい。でも、それは相手のせいではない。
りほも、浅羽とつきあっているのに、自らが土俵をおりた。先に振ってしまえば振られるよりはいいと。ききに負けたくなかったでしょうし。その前にも、自分から別れをいって、試してみたの、なんて言ってたが、それってひどいことしてるんだよね。試す、なんて。今回も試したと思うよ、でも浅羽は引き留めなかった。

好きな相手が誰を好きになろうと、それは相手の自由であって、自分を選んでもらえなかったのも相手のせいではない。こんなに想っているのにと言っても、それも相手の責任じゃない。

温泉にききも一緒にいったが、浅羽はまだみんなと仲良くないし。ききが浅羽と他のメンバーとの間をつないでくれる。ただ、それを知った時のりほはショックだよ。その旅行に、同僚のききも一緒にいっているのは、これは嫌だし辛い。新谷はききに対し、付き合ってないんだしどうこう言える権利なし。

・ドラマの流れ的にこうなることは、わかりきってはいるんですけど、やっぱ納得いきませんねぇ。
視聴者としてはリホマコのほうに感情移入してしまって、2人の悲しげな視線ばかりが目に入ってしまう…里保さんが思わず泣いてしまったシーンは、泣きたくないのに泣けてきちゃう感じ、とても上手く表現されていたなぁと思いました。

あと、キキの周りの大人たちが懐の深い、出来た大人ばかりな故に、キキのお子様感が際立ってしまっているような。キキと社長のシーンは、なんにもキュンとせず。こっちがメインのはずなのにね。

中村倫也さん好きなので、もっと素敵なドラマでキュンとさせてくれるのを期待します。

第10話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 新谷の想いに応えて返事をしよう考える樹木。
  • 樹木は浅羽から思いを告げられる。
  • 樹木、浅羽、新谷、里保それぞれの気持ちが交錯し、運命のクリスマスがやってくる……

新谷(仲野太賀)の想いに応えて返事をしようと思った矢先、突然現れた浅羽(中村倫也)から思いを告げられた樹木(森七菜)

樹木、浅羽、新谷、里保(石橋静河)それぞれの気持ちが交錯し、運命のクリスマスがやってくる……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・新谷に譲るとか、浅羽が乗り込んだとか、俺はききちゃんをたくにいに渡さないとかどうでもよくて、キキが誰と一緒にいたいかだけ。新谷はお試しで付き合うことになった途端、仕事中にデートに使う店の本を見ていたり、北川も仕事中に新谷の仕事場にきてあれこれ話していたり。新谷は仕事よりも恋愛に夢中になる。こういう男に魅力は感じない。新谷特段いいと思わない、普通。北川とは何でもよくわかっている間柄で、新谷と北川が一緒になればいい。案外うまくいく。店も一緒にできる。北川は恋愛において自分の方が優位に立った方が上手くできるタイプの女だから、一途になり仕事よりも女を優先しそうな新谷とは合うと思う。常識内の2人。

・中村ファンが多い森七菜ちゃんに風あたりが強いんでしょうね。

ストーリー的には良くある少女漫画的な展開かな。

新谷くんは本気だけど、やっぱり「いいひと」止まりで…。

恋が温まるのは主役の二人だけ?

・決着ですが、このドラマは美しすぎる当て馬によって少し当て馬が良すぎて主役を食っていた感じもありましたが、格好悪く無様なほどに誰かを求めるというラストに向けてあった序盤なのかなと思うと荒削りな青春がガラス細工のようにキラキラと光って見えます。
好きなら掴んだ手は自分から離してはいけない、、新谷と里保は似ているようで真逆な愛しかたを選んだ訳だけども、新谷は最後の最後でどうするのかな?その昔出ていこうとする女の荷物を取り上げてビリビリに引き裂いた男がいたんですよ、、そんなドラマも思い出したり結局恋愛とは、エゴの固まりでだからこそ青春なんだろうなと思ったり。だから今時の若い人は一人を選ぶのかなとか?なかなか草食の現代だとエゴ全開の青春が痛々しくも美しいよねなんて、、(笑)
譲ったり引いたり手離したりその時はそんな自分に酔えるけども、いつかどこかで選んだ道を誰かのせいにしたりしないで済むように若い頃はワガママなくらいに自分に正直でそんな青春群像劇があっても良いと思います。 社長何歳設定か知らないけども、結婚前だしそこでスッタモンダむしろした方が結婚後に色ボケになるよりもずっと良き(笑)

この恋あたためますか(ドラマ)のちょこっと裏話
オリジナルストーリーも面白い

今回のドラマ「この恋あたためますか」はParaviでオリジナルストーリーもあります!

タイトルは”その恋もうすこしあたためますか”です。

恋の四角関係の変化が見どころです★

主人公の職業の小ネタ

ココエブリィ上目黒店のコンビニのアルバイトとして働く井上樹木。

そこに一緒に勤めるアルバイトのスーと一緒にペットとして飼っている

ハリネズミの大福が可愛らしいです♡

主演女優の小ネタ

主演女優の森七菜は、大阪出身の19歳。

趣味は動画づくり、ダンスやピアノだそうです。

また特技はイラスト書きでなんと左利きなんだとか!

森七菜さんの演技も注目です♪

大福くんの小ネタ

火曜ドラマ、この恋あたためますかの劇中に登場するハリネズミ・大福くんがカワイイ!と人気になってますね。

そんな大福くんがLINEクリエイターズスタンプの発売が開始したそうです!
ダウンロードして使うとより盛り上がりそうですね♪

樹木の部屋体験ができる?

樹木とスーが2人で楽しく住む家。そこは2人で暮らすには少々狭いですが、お互いのプライベートスペースを確保。

そして、コンビニのアルバイト仲間で鍋を囲むリビングやキッチンの共有スペースには2人で集めたかわいい小物がたくさんで、とっても過ごしやすい空間に。

ペットのハリネズミ・大福ハウスもあり、2人と1匹で工夫しながら暮らしています。そんなお部屋の全体を特殊なカメラを用いて撮影し、3D動画として公開しているんだとか!

360°自由に見ることができるので、まるで2人の家に遊びに来たかのような気分に♪オンエアでは確認できないところも見ることができますよ〜。

https://my.matterport.com/show/?m=n7iCXhMfpP3&back=1

クランクアップでそれぞれかコメント

2020年12月22日、いよいよ最終回を迎えるこの恋あたためますか。

それぞれがコメントを発表されました。

<森七菜さんコメント>

(主演という)このような立場になるにあたり、みなさんに迎え入れていただけるのか不安でしたが、毎日が楽しくて充実した日々でした。

一番に思うのは、毎日プロの方々が120%の力でドラマを作ろうとしている姿を見たことでした。よりドラマというものが好きになりましたし、私もこれからの人生を120%の力で頑張っていこうと思います。この現場は一生忘れません!ありがとうございました。

<中村倫也さんコメント>

このドラマをやっていて「はっ!」とする瞬間がありました。1話の樹木がコンビニで泣いているシーンで浅羽が言う「コンビニには毎日4000万人もの人が訪れる。

働いて、疲れたそのご褒美にスイーツを食べる」というセリフ。今年は本当にいろいろなことがありました。例えると、コンビニがTBS、スイーツ開発がドラマ制作。あのセリフの続きが「仕事が終わってからでは専門店は閉まってる。高級店は一年に一度行ければいい。

だけどコンビニは身近にあり、いつ、どこでもみんなが同じ味を食べることができる。君の作ったスイーツが人を幸せにする」。まさにこのように、キャスト、スタッフみんなで作り上げた作品が、皆さんを少しでも幸せにすることができたのかなと思います。ありがとうございました。

とコメントされました♪

全力を出し切った最高のドラマなんですね〜。

最終回が、楽しみですね!