2021年夏ドラマ

【公式見逃し動画】推しの王子様を見逃した方へ。ドラマ配信を無料で視聴する方法!

(出典:フジテレビ『推しの王子様』)

この作品を観るならココ!
配信サービス名 視聴可能 無料期間
FOD 2週間

FODの特徴

  • フジテレビ系列の作品、ドラマ、映画、アニメが独占で観られる
  • 初回2週間無料トライアル
  • 最新号の雑誌が見放題
  • スマホ、パソコン、テレビなど、デバイスを選ばずに視聴可能

無料トライアルを試してみる!

関連記事
・FODのメリットデメリットって?使って分かるユーザーの声
・FODプレミアムを無料で利用する方法

※情報は2021年6月時点のものになります。詳細は公式サイトよりご確認ください。

他社サービスとの比較
配信サービス名 視聴可能 無料期間 月額(税込)
FOD 2週間 977円
U-NEXT × 31日間 2,189円
Hulu × 2週間 1,026円
Paravi × 2週間 1,017円
TSUTAYA DISCAS/TV × 30日間 2,659円
クランクインテレビ × 14日間 1,650円
dTV × 31日間 858円

※情報は2021年6月時点のものになります。詳細は各公式サイトよりご確認ください

推しの王子様(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法

フジテレビ系列のドラマを視聴する場合、FODの「2週間無料トライアル」を利用して無料視聴するのが最もおススメです。
方法はこちらの記事を読んでみてください。

推しの王子様(ドラマ)のあらすじ、感想、ネタバレなど
第1話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 日高泉美は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。
  • ファンの一人である大学生・古河杏奈も夢中になっていた。一見順風満帆な泉美だったが、実は『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していた。
  • 借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りたその男・五十嵐航の顔を見た泉美は、さらに驚がくする。何とその容姿は、ケント様にそっくりで……。

日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。4年前に起業した泉美が最初にリリースした乙女ゲームが、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”であるキャラクター・ケント様と恋に落ちる『ラブ・マイ・ペガサス』だった。

このゲームが異例の大ヒットを記録し、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。起業する前の泉美は、保険会社に勤務し、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていた。そんなある時、友人から乙女ゲームの存在を教えられ、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われた泉美は、人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。乙女ゲームに夢中になるあまり、ゲーム会社へ転職した泉美は、そこで出会ったトップクリエーターの光井倫久(ディーン・フジオカ)とともに、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意したのだ。

真面目で、誰に対しても壁を作らず等身大で接する泉美は、どんなに困難な状況でも絶対に諦めずひたむきに前へ進むタイプで、デザイナーの渡辺芽衣(徳永えり)、プランナーの有栖川遼(瀬戸利樹)、デザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)、エンジニアの織野洋一郎(谷恭輔)ら部下からも厚く信頼されている。

だがプライベートでは、ここ何年も恋愛をしておらず、もっぱらケント様に夢中。週に1回は必ず、仕事を忘れて『ラブ・マイ・ペガサス』に没頭する日を設けており、その日は近所の中華料理店で働くアルバイトの藤井蓮(藤原大祐)に毎回チャーハンを届けさせている。『ラブ・マイ・ペガサス』は乙女ゲーム界で革命を起こしたと言われるほどの人気。ファンの一人である大学生・古河杏奈(白石聖)も夢中になっていた。一見順風満帆な泉美だったが、実は『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していた。開発資金集めに奔走する泉美は、経営の多角化を進めている水嶋十蔵(船越英一郎)が代表取締役社長を務める大手アウトドアメーカー『ランタン・ホールディングス』に出資を求めるも、あっさり断られてしまう。

そんなある夜、光井と飲みに出かけた泉美は、いつものように彼の言葉に励まされる。光井と別れ、酔ったままふらふらと帰路につく泉美。すると、泉美の目の前に、いきなり空から男が降ってくる。借金取りから逃れるために歩道橋から飛び降りたその男・五十嵐航(渡邊圭祐)の顔を見た泉美は、さらに驚がくする。

何とその容姿は、ケント様にそっくりで……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・比嘉愛未さんすごく良かったです。 深田恭子さんの代役という事でしたが、深田恭子さんの天然なふわふわした感じ(ラブコメの女王なので、これはこれですごく好きなのですが)とは違い、ちょっとサバサバしたところがありいいですね〜。 話の内容も良かったです。 男性版のマイフェアレディというところでしょうか。 渡邊圭祐さん、脇役が多かったけど、こういう役いいですね。 ピッタリだと思いました。

なんだかんだ言ってこういう恋愛ものが好きなんですよ! ダメな私に恋してください。 初めて恋をした日に読む話。 リモラブ。 レンアイ漫画家。 こういう王道のラブコメってウケるし、癒されるんですよね。 この推しの王子様も毎週の楽しみになりそうです! 頑張って下さい!

・比嘉愛未のサバサバしたとこがラブコメにはピッタリで応援したい♪ アラフォー大根深田恭子だったら絶対観て無かった😂🤣 いい歳してまたブリブリ男にベタベタ媚びる演技と思えないキモさは深田恭子は自分でおばちゃんを自覚しろよ😱 もう脇役にまわれよ!キモいから😱 ディーンさんと渡邊圭祐も楽しみ♪ 瀬戸利樹はキライだけど😂 比嘉愛未で良かったと思える作品になるだろうきっと😂 今後に期待!

・比嘉愛未さん、キレイ。美人だなぁ~。しかし、この役深キョンで観てみたかったと言うのが、正直な感想です。深キョンの感じは、唯一無二なんだろうな。これは、好みの問題。人によって違うでしょう。 何か、脇役の人々もイケメンが沢山出てきて目の保養だな笑。脇役の女の子達もみんなかわいいな。画面はキラキラしているが、個性は全体的に弱いかな。作品は優等生だけど、面白みに少し欠けるかな~。これから面白くなってゆくのかな。期待します。 渡邊圭祐さん、恋はDEEPにを思い出してしまう笑。でも、榮太郎の時よりもっとカッコ良くなった気がする。最後の、服買ってもらって、髪切って、カッコ良くなった姿はシビれた~。いいよ、カッコいいよ~。笑 このドラマの中で、渡邊圭祐さんがどう成長してゆくのかを一番見届けたいです。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・この手のドラマは よっぽど キャスティングに魅力がないと 学芸会臭がして白ける。 比嘉愛未のヘアスタイル素敵 そして綺麗 でも それだけ。 比嘉愛未も渡邊圭祐も脇役感が強い 惹かれる何かが足りない。 社長役としては深田恭子より合ってると思うが。 脇役達もディーン以外 没個性。

・泉美の台詞ひとつひとつが「ダメな私に恋してください」や「初めて恋した日に読む話」の深田恭子を彷彿させて、この脚本は深田恭子のために作られたのかもなと思ってしまう程。

だから残念感は否めませんが、 でも仕方ないですよね。 ゆっくり休養されて、また元気な姿を見せて欲しいと祈るばかりです。 とはいえ、 難しいこと抜きで楽しめそうなストーリーだし、 渡邊 圭祐は大健闘といえるほどの好演、そして何よりディーン様オーラも健在♪とくれば、私の今季推しのドラマにランクインしたのは間違いないかもです! 来週も楽しみ!

・深夜ドラマにありそうな感じですね。(ついこないだまでやってた深夜ドラマも乙女ゲーム?の制作の会社の話だったような…俳優さんもよく深夜に見かける方々)急な代役だから仕方ないのかもしれないのだけど、この女優さん今深夜に不倫される妻?的な役も同時進行でなさってるので、どちらも特に特徴のある役じゃないからか同じ人にしか見えなくて変な感じです。それと相手役の俳優さんは、人気ある俳優さんと言うよりも、まだ事務所がどうにかして売り出したい俳優さんっていう感じですね。もう少し演技頑張ってほしいです。登場人物も微妙だし、ストーリーもドラマではよくありそうな実際にはありえない展開で今のところ全体的に何一つ魅力を感じられなくてちょっと残念でした。

ヤフー感想文より引用

第2話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航に出会う。
  • 今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。
  • ある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。

彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美(比嘉愛未)は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会う。だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。

そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を『ペガサス・インク』で雇うことにする。今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン・フジオカ)と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。泉美から航を紹介された芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)、マリ(佐野ひなこ)ら『ペガサス・インク』のスタッフは、ケント様にそっくりなその姿に驚きを隠せない。

航は、とりあえずプランナーの有栖川の下につき、雑用から始めて仕事を覚えることになった。ところが航は、社会人の常識どころか、漢字や敬語すらろくに知らないような有様。困り果てた有栖川たちは、このままだと大きな問題を起こしかねないから泉美にもきちんと面倒を見てほしい、と訴えた。そんなある夜、仕事を終えて帰路についた泉美は、公園で野宿しようとする航を目撃し……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・もともとの深田さんが演じたらどうなのかと思いましたが、イメージどおりの作品だったのかなと思いましたが、 比嘉さんが演じることで、また違った視点からドラマをみることができたと思います。 展開は…まあ乙女ゲームですから非日常スタイルが登場しますけど、何も考えす、ただただ比嘉さんが「推し」を作り上げていく課程が面白そうですね。フジテレビの純粋ドラマは久々に見ました。火曜21時のTBSかと思ってしまうほどに面白いと思います。

・ちょっと待て。 おディーンの片思いとかそんなのアリなのか? この人なにしろ声がいいんだよね。 2番手の役みたいだけど、おかしいな今までで一番いいかも。座長じゃない方がいいのかな。オープニングの曲がかかったら一気にディーンフジオカの世界になっちゃったけどね。今回は船には乗らんのか。 一瞬飲まれそうになったが、空からあの三男が降って来て、とりあえずこの渡邊圭祐くんが出てるから観てみようと思ったのを思い出しました。 どうでもいいが、比嘉愛未ちゃんと並んだらこの子顔がちっさ過ぎてちょっと引く。

乙女ゲーム?とか推しとか実は全然興味が無いのだが、サクセスストーリーは嫌いじゃないし、コードブルーから比嘉愛未ちゃんの逞しさが好きなので、そしてテンポもよくて観やすそうなのは良いと思う。 次も観てみようと思えました。 内容はちょっとイイ話だもんね。コメディぽいなら尚、いいのでは無いかと。

・深キョンさん主演で作られたのかな?って感じが、セリフでしましたが、凛としている比嘉さんが口にすると新鮮で、アニメのTシャツも可愛かったです。 渡邊君もドラマに出る度にあか抜けて行っていますね。 おディーン様も良いし、次週も楽しみにしています。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・代役は仕方ないとしても他に適当な人いなかったのかな? 比嘉さん、にぶんのいち夫婦主演してて見てるけどあちらはとても面白いです。 推しの方は、にぶんのいちと変わりない感じで出てきて内容もつまらないし最低。 コレという目玉もないし中途半端なメンツばかり。 ディーン様は役どころで活かしきれてない気がする。 見る気なかった彼女はキレイだったの方がずっとマシで続けて見ようって思ってるのにな。

・皆さん、似た系統というか。。 アクセントになる人がいない。 話もいまいちなので、見ていて退屈になる。 比嘉さんは演技は上手いが、代役でプレッシャーもあるのか、演技が固いというか面白みがなかった。 まだ1話なので、これから頑張ってほしい。 相手役の方は、所々棒読みだった。

・初のゴールデン枠主演級のせいか、けすけ君の演技が役に馴染まず、ちょっと緊張しているように見える。 「直ちゃんは小学三年生」のキンべを演じていたときの方が生き生きとして見えるけど、そのうち慣れてくるのかなぁ。

ヤフー感想文より引用

第3話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 泉美たち『ペガサス・インク』は、新作乙女ゲームの開発にむけて、水嶋十蔵率いる『ランタン・ホールディングス』に出資を持ちかけ、企画書を提出した。
  • 泉美は光井とともに『ランタン・ホールディングス』を訪れるが、応対したのはメディア事業部の小島だけで、十蔵の姿はなかった。
  • 何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出する。しかし、ランタン側からはさらに無茶な注文が届き……。

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作乙女ゲームの開発にむけて、水嶋十蔵(船越英一郎)率いる『ランタン・ホールディングス』に出資を持ちかけ、企画書を提出した。企画へのリアクションを聞くために、泉美は光井(ディーン・フジオカ)とともに『ランタン・ホールディングス』を訪れるが、応対したのはメディア事業部の小島(竹森千人)だけで、十蔵の姿はなかった。

その席で、企画のさらなるブラッシュアップを提案された泉美たちは、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)らスタッフに、先方の意向を組み込んで、もう1度、企画書を作り直すよう指示する。しかし、再提出までの猶予は1週間足らずしかなかった。そのとき、航(渡邊圭祐)の姿がないことに気づく泉美。実は航は、会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。泉美は、航が他のスタッフが話している専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの苦戦していることを知る。航に、物事を学ぶ意味や、その先に見える景色の素晴らしさを教えてあげたいと決意した泉美は、彼にITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するよう命じる。

数日後、泉美たちは、ランタンの中核事業でもあるアウトドア事業の要素を生かすなど、先方の要望を盛り込む工夫を続け、何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出する。しかし、ランタン側からはさらに無茶な注文が届き……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・はっきり言ってちょっと観ていて辛くなるくらい知らないことが多いですね。純粋に知らないので、会社で先輩に怒られた時も胸が痛くなったくらい。元々は深キョンさんのフワッとしたファンタジー感がカバーする予定だったんでしょうかね。けど比嘉さんの現実的な雰囲気がそこら辺をカバー出来てないから。そのおかげか、負け犬野郎に水ぶっかけるシーン、

泉美が気持ちを救われるシーンは多分最初の予定より肌に感じるものとなったのかも。 泉美の為だけのジェントルマンなのですね。いい方に考えたいのでこの際目を瞑って航の設定は置いとくか笑  泉美の為だけのジェントルマンが彼女への忠実な姿勢によって世に通じるそれとなり、外見が中身を伴った王子様になっていくのなら。

・自分の劣っているのを認めるのも…足りない部分を認めるのも… とても辛かったと思います。 何があったのかは、まだ判りませんが、辛い境遇にあって、哀れみと軽蔑の目で見られる事も… 少しずつ航が心を開いていくの所がとても良かったです😊 そう言う航を見つめる大人の女性 泉美役として… とてもキレイですが、少し苦労人に見える比嘉愛未さん、ある意味、航に共感できる訳で、良く合っていると思います😊 (深田恭子さんですと、新鮮な驚きに近い形になり、それも素敵だと思いますが…) それに応える航の「人を不快にさせないのがマナーだと教わりました。」 「そっちこそ、マナー違反でしょ。」と言うセリフ。とても良かったです

・「返信」が書けない、「〜ください」が言えない、「気にとめる」を「木にとめる」など、 戸籍がなくて小学校にも行ってないという設定だったら納得できましたが、高校に入学できる人だったらこの描写はやりすぎで冷めました。 他は面白いのにそこだけ残念ポイント! いずみが思わずうっとりしてしまうところが面白いし、おディーン様は演技が上手いのか下手なのか未だに謎ですが、相変わらずかっこいい!

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・あのおバカっぷりはやりすぎでしょ。高校中退ってことは、入学はできたわけでしょ?あれじゃ、義務教育もまともに受けていないんじゃないかって思ってしまう。ひどすぎて笑えない。途中で寝てしまったわ。

・王子様役の渡邊さんは 存在感が薄すぎる印象。 ディーンさんの 色気がだだ漏れしている せいもあるが。 渡邊さんと同じドラマMIU にも出演していた 岡田健史さんあたりの ほうが存在感ありで よかったかも。 何よりおバカキャラ役でも 棒読みで演じているので 非現実感だけが増して きているのが怖い。

・ドラマだからある程度は甘く見てもいいですが、仕事をなめられるのは困ります。 めんどくさかろうが、辞めたいと毎日思っても続けなければいけない中あんな態度の新人いたら無理です。

ヤフー感想文より引用

推しの王子様(ドラマ)のちょこっと裏話
比嘉愛未さんの小ネタ

比嘉愛未さんは女優、ファッションモデル。

沖縄県の出身の35歳。

身長は169cmです。

三人妹弟の長女として生まれ、塾に通ってからました。

そこの塾講師が芸能事務所の社長と知り合いで身長も高かったことからスカウトされ沖縄のモデル事務所へ入りました。

渡邊圭祐さんの小ネタ

渡邊圭祐さんはモデル、俳優。

宮城県仙台市の出身の27歳です。

1993年11月21日うまれ。

身長は182cm。

宮城県多賀城高等学校の卒業で、大学の学祭で運営スタッフをしていたときにスカウトされたことをきっかけに事務所入りしました。

竹森千人さんの小ネタ

竹森千人さんはコメディアン、俳優として活躍されています。

1978年6月16日生まれの埼玉県の出身です。

身長は176cm。

特技はTシャツの早たたみなんだとか(笑)

そして日本さかな検定1級を持ち、魚全般やプロレス観戦が趣味だそうです。