2021年春ドラマ

【公式見逃し動画】レンアイ漫画家を見逃した方へ。ドラマ配信を無料で視聴する方法!

(出典:フジテレビ『レンアイ漫画家』)

この作品を観るならココ!
配信サービス名 視聴可能 無料期間
FOD 2週間

FODの特徴

  • フジテレビ系列の作品、ドラマ、映画、アニメが独占で観られる
  • 初回2週間無料トライアル
  • 最新号の雑誌が見放題
  • スマホ、パソコン、テレビなど、デバイスを選ばずに視聴可能

無料トライアルを試してみる!

関連記事
・FODのメリットデメリットって?使って分かるユーザーの声
・FODプレミアムを無料で利用する方法

※情報は2021年4月時点のものになります。詳細は公式サイトよりご確認ください。

他社サービスとの比較
配信サービス名 視聴可能 無料期間 月額(税込)
FOD 2週間 977円
U-NEXT × 31日間 2,189円
Hulu × 2週間 1,026円
Paravi × 2週間 1,017円
TSUTAYA DISCAS/TV × 30日間 2,659円
クランクインテレビ × 14日間 1,650円
dTV × 31日間 858円

※情報は2021年4月時点のものになります。詳細は各公式サイトよりご確認ください

レンアイ漫画家(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法

フジテレビ系列のドラマを視聴する場合、FODの「2週間無料トライアル」を利用して無料視聴するのが最もおススメです。
方法はこちらの記事を読んでみてください。

レンアイ漫画家(ドラマ)のあらすじ、感想、ネタバレなど
第1話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 久遠あいこ(吉岡里帆)が働く『あかり葬祭』では、若くして亡くなった刈部純(白石隼也)の葬儀が営まれていた。 純は、あいこの高校時代の初恋相手。
  • 純の兄、刈部清一郎(鈴木亮平)だった。 葬儀にそぐわないその風体に、親戚たちは変人にレンが育てられるのか?と呆れている。あいこが、そんな声を聞いているとレンがいなくなった。
  • 清一郎は正体を隠して大ヒット漫画「銀河天使」の連載を続ける人気少女漫画家だという。 その漫画のネタのために疑似恋愛のミッションを依頼されたあいこは…。

久遠あいこ(吉岡里帆)が働く『あかり葬祭』では、若くして亡くなった刈部純(白石隼也)の葬儀が営まれていた。 純は、あいこの高校時代の初恋相手。 あいこは先輩社員から純の忘れ形見の息子、レン(岩田琉聖)の面倒を見るよう指示される。 母親もいないため、レンは突然ひとりになってしまっていたのだ。

あいこがレンに挨拶をしていると、黒のパーカーでフードを被った大柄な男がやって来る。 あいこがレンに誰かと尋ねると、伯父だと答えた。純の兄、刈部清一郎(鈴木亮平)だった。 葬儀にそぐわないその風体に、親戚たちは変人にレンが育てられるのか?と呆れている。あいこが、そんな声を聞いているとレンがいなくなった。

高所にいるレンを見つけたあいこは、その姿に純を重ねる。あいこは高校時代に純に何回も告白して交際してもらったことなどをレンに話し、思わず涙目に。 そんなあいこに、レンがハンカチを渡そうと放ると、いつの間にか現れた清一郎がキャッチした。 驚くあいこに、清一郎は「レンアイしろ!」と言い放って詰め寄る。あいこは思わず清一郎を突き飛ばしてしまった。頭を打ってうずくまる清一郎だが…。

清一郎にケガをさせたことが原因で葬儀社を解雇されてしまったあいこ。職探しも難航する中、アパートに戻ると、不審な男がいた。 出版社の向後達也(片岡愛之助)と名乗る男は、あいこに仕事を依頼したいと持ちかけ、ある豪邸に連れて行く。

そこであいこを迎えたのはなんと葬儀場で突き飛ばした男・清一郎だった。清一郎は正体を隠して大ヒット漫画「銀河天使」の連載を続ける人気少女漫画家だという。 その漫画のネタのために疑似恋愛のミッションを依頼されたあいこは…。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・崖っぷちアラサー女子のヒロイン・久遠あいこを演じる吉岡里帆の最初の擬似恋愛ミッションの相手が清一郎の担当編集者・向後達也(片岡愛之助)と同じ大学のラグビー部出身で元ラガーマンのエリートサラリーマン・早瀬剛(竜星涼)であり、シチュエーションが「丸の内OL風」「ギャル風」「あざとかわいい女子」というのがとても面白いハートフルラブコメディーですね。 また、主人公・刈部清一郎(鈴木亮平)の弟・刈部純(白石隼也、あいこの高校時代の初恋相手)の葬儀であいこは清一郎と会って「レンアイしろ!」と言われるのと、清一郎の担当編集者・向後達也が「“刈部くん命!”」の役で3人の不思議な三角関係と主人公・清一郎を演じる鈴木亮平が特訓したペン運びや所作にも注目してみたいドラマですね。 (向後達也を演じる片岡愛之助はドラマ『半沢直樹』(2020年版)でのオネエ口調の金融庁査察官・黒崎駿一に続いて似たような役を演じているのがとても面白いですね。)

・ドラマ『テセウスの船』の佐野文吾、大河ドラマ『西郷どん』の主人公・西郷隆盛、朝ドラ『花子とアン』の村岡英治、実写版映画『ガッチャマン』のみみずくの竜など、ヒロイン・久遠あいこを演じる吉岡里帆はドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公・小川今日子(通称・キョドコ)、『健康で文化的な最低限度の生活』の主人公・義経えみる(通称・健活)、『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断』の田丸綾香、『時効警察』の彩雲真空など、カフェ&バーの店長代理・二階堂藤悟を演じる眞栄田郷敦はドラマ『私の家政夫ナギサさん』の瀬川遙人、カフェ&バーの店員・伊藤由奈を演じる小西桜子はドラマ『ふろがーる!』の檜山愛乃、清一郎の担当編集者・向後達也を演じる片岡愛之助はドラマ『半沢直樹』(2020年版)のオネエ口調の金融庁査察官・黒崎駿一、大河ドラマ『麒麟がくる』の戦国武将・今川義元などの演技が印象に残っているので、注目したいドラマです。

・ペンネーム・刈部まりあで少女漫画誌「少女モーニング」で大ヒット漫画『銀河天使』を描く天才少女漫画家は人付き合いが苦手で変わり者の主人公・刈部清一郎役を鈴木亮平、友達から“ダメ男ホイホイ”と言われている「職なし、彼氏なし、運なし」、気立てが良くお人よしで裏表のない性格、「あかり葬祭」で働く葬儀場スタッフの崖っぷちアラサー女子のヒロイン・久遠あいこ役を吉岡里帆が演じるという恋に不器用な2人のラブコメディーというのがとても面白いですね。 共演者もヒロイン・久遠あいこが行きつけのカフェ&バー店長代行の二階堂藤悟役を眞栄田郷敦、店員の伊藤由奈役を小西桜子、刈部清一郎の弟・刈部純役を白石隼也、刈部純の息子・刈部レン役を岩田琉聖、昔の清一郎役を松大航也、昔の純役を奥平大兼、刈部まりあをライバル視する少女漫画家・金條可憐役を木南晴香、可憐の姪・金條麻央役を星乃あんな、エリートサラリーマン・早瀬剛役を竜星涼、清一郎の担当編集者・向後達也役を片岡愛之助が演じるという豪華な顔ぶれなので、ドラマを見るのがとても楽しみです。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・ダメ…ですね 個人的に ラブコメは苦手なので それを覆すレベルじゃないと… でもまあ大体 そんな作品に出会うことはありませんから 普通はこんな感じでしょう じゃあサヨウナラ

・鈴木亮平は刈部のイメージが全くなくなっている。ベビーフェイスだし、ガタイが良すぎるし、汚さが足りないし、ミスキャストではないのか?ま、演出家の責任だけどな。

・変人天才漫画家・刈部清一郎(ペンネーム・刈部まりあ)から全ては漫画のネタのために無茶ぶり擬似恋愛ミッションをヒロイン・あいこに依頼するストーリーは非常に面白いのでとても楽しみです。 (あいこの初めての擬似恋愛ミッション相手はサラリーマン・早瀬剛なのがとても面白いですね。) 愛を知らない恋愛漫画家と愛を見つけたい迷える女子が送るラブコメディーなのがとてもいいですね。

第2話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)に早瀬剛(竜星涼)と別れるよう指示。清一郎が描く漫画のための恋愛ミッションとはいえ、早瀬に本気になりかけているあいこには受け入れがたい。
  • 清一郎とあいこが押し問答をしていると、レン(岩田琉聖)が来て学校に行きたいと話す。行きたいなら行けと言う清一郎に、レンは子供には転校の手続きが出来ないと訴えた。
  • そして、早瀬と別れる件についても、ミッションは明日までだと聞く耳を持たない清一郎。仕方なくあいこはレンを連れて学校に行く。すると、そこに強烈な個性を放つ女性漫画家・金條可憐(木南晴夏)がやってきて……。

刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)に早瀬剛(竜星涼)と別れるよう指示。清一郎が描く漫画のための恋愛ミッションとはいえ、早瀬に本気になりかけているあいこには受け入れがたい。

清一郎とあいこが押し問答をしていると、レン(岩田琉聖)が来て学校に行きたいと話す。行きたいなら行けと言う清一郎に、レンは子供には転校の手続きが出来ないと訴えた。清一郎に意見するレンに、あいこは二人の関係の変化を感じる。すると、レンは清一郎とは対等になったとあいこに告げた。清一郎は仕方なくレンから手続きに必要な書類を受け取るが、この手のことが不得手なため、あいこに押し付ける。

その夜、あいこは二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店で向後達也(片岡愛之助)と会い、レンの転校手続きを代行した慰労をされる。そんなあいこのスマホに早瀬からメッセージが…。向後はあいこと早瀬が良い関係になっていると思うが、実は逆。清一郎から「別れろ」と指示されたと話すと、向後は大賛成で設定通りに進めるよう頼む。

 翌日、転校初日のレンを迎えに来たものの、やっぱり断ろうとしたあいこだが、清一郎に二日酔いだとばれ、言い負かされてしまう。そして、早瀬と別れる件についても、ミッションは明日までだと聞く耳を持たない清一郎。仕方なくあいこはレンを連れて学校に行く。すると、そこに強烈な個性を放つ女性漫画家・金條可憐(木南晴夏)がやってきて……。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・鈴木亮平がいい。配役はいいとおもう。内容がこれからどうなるのか楽しみだ〜。

・崖っぷちアラサー女子のヒロイン・久遠あいこを演じる吉岡里帆の最初の擬似恋愛ミッションの相手が清一郎の担当編集者・向後達也(片岡愛之助)と同じ大学のラグビー部出身で元ラガーマンのエリートサラリーマン・早瀬剛(竜星涼)であり、シチュエーションが「丸の内OL風」「ギャル風」「あざとかわいい女子」というのがとても面白いハートフルラブコメディーですね。 また、主人公・刈部清一郎(鈴木亮平)の弟・刈部純(白石隼也、あいこの高校時代の初恋相手)の葬儀であいこは清一郎と会って「レンアイしろ!」と言われるのと、清一郎の担当編集者・向後達也が「“刈部くん命!”」の役で3人の不思議な三角関係と主人公・清一郎を演じる鈴木亮平が特訓したペン運びや所作にも注目してみたいドラマですね。 (向後達也を演じる片岡愛之助はドラマ『半沢直樹』(2020年版)でのオネエ口調の金融庁査察官・黒崎駿一に続いて似たような役を演じているのがとても面白いですね。)

・吉岡里帆ちゃんの「カルテット」のときのしたたか演技好きだし、鈴木亮平さんも嫌いじゃないし、 黒崎駿一さんなんか、オネエ感なくてもいい演技されてるし。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・疑似恋愛のバイトで100万?ハ? ちょっと何言ってるか分からない。 TV点けとく電気代も勿体なく感じた。

・なんか昔のドラマを思い出したわ もう少し期待してたんだけど、微妙だな 吉岡里帆はかわいい

・このまま普通に疑似恋愛しているさせているうちに、、というの期待してますが?どうなのでしょう原作もの?原作は知りません。 この枠のトラウマを解消する一作になって欲しいと願います(笑)

レンアイ漫画家(ドラマ)のちょこっと裏話
吉岡里帆さんの小ネタ

吉岡里帆さんは、京都市右京区の出身。

朝が来たなどのドラマで大活躍でしたよね〜。

1993年1月15日生まれの28歳。

京都生まれで父はカメラマン、母と祖母の影響を受けて幼少期より映画や演劇、歌舞伎などに親しみがあったそうです。

中学では吹奏楽部で活躍し、進学後は勉強やアルバイトに打ち込んだそうです。

鈴木亮平さんの小ネタ

鈴木亮平さんは兵庫県出身の38歳!

1983年3月29日生まれで186cmの長身俳優さんです♪

英検1級を持ち、英語が堪能。アメリカにも留学経験があるんだとか。

また、高校時代にはドイツ語スピーチコンテストでも優勝されたこともあり、世界遺産検定の1級も合格されています。

すごいですね♪