2021年春ドラマ

今週の知ってるワイフを見逃した方へ。1〜4話までを無料で見る方法!

(出典:フジテレビ『知ってるワイフ』)

この作品を観るならココ!
配信サービス名 視聴可能 無料期間
FOD 2週間

FODの特徴

  • フジテレビ系列の作品、ドラマ、映画、アニメが独占で観られる
  • 初回2週間無料トライアル
  • 最新号の雑誌が見放題
  • スマホ、パソコン、テレビなど、デバイスを選ばずに視聴可能

関連記事
・FODのメリットデメリットって?使って分かるユーザーの声
・FODプレミアムを無料で利用する方法

※情報は2021年1月時点のものになります。詳細は公式サイトよりご確認ください。

他社サービスとの比較
配信サービス名 視聴可能 無料期間 月額(税抜)
FOD 2週間 888円
U-NEXT × 31日間 1,990円
Hulu × 2週間 933円
Paravi × 2週間 925円
TSUTAYA DISCAS/TV × 30日間 2,417円
クランクインテレビ × 14日間 1,500円
dTV × 31日間 500円

※情報は2021年1月時点のものになります。詳細は各公式サイトよりご確認ください

知ってるワイフ(ドラマ)の見逃し動画を無料で視聴する方法

フジテレビ系列のドラマを視聴する場合、FODの「2週間無料トライアル」を利用して無料視聴するのが最もおススメです。
方法はこちらの記事を読んでみてください。

知ってるワイフ(ドラマ)のあらすじ、感想、ネタバレなど
第1話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 『あおい銀行』に勤務する剣崎元春(大倉忠義)は大きな悩みを抱えており、妻の澪との関係。

  • 二人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている。
  • 元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。

『あおい銀行』に勤務する剣崎元春(大倉忠義)は大きな悩みを抱えていた。

それは、妻の澪(広瀬アリス)との関係。二人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている。

ある日、急な仕事で保育園に子供を迎えに行けなかった元春は、怒った澪に物を投げつけられ、家から追い出されてしまう。大学時代の親友、木田尚希(森田甘路)が経営する居酒屋に駆け込んだ元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。

そんな矢先、商談に出かけた元春は、大学時代の後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と再会。

食事に行くと、元春は沙也佳から“学生時代に好きだった”と明かされる。沙也佳は巨大企業・西急グループの令嬢で、マドンナ的存在。当時、元春も憧れを抱いていたが、まさか自分を好きだとは思っていなかった。しかし、思い当たることがある。

大学時代に元春は沙也佳からコンサートに誘われたことがあったのだ。その当日、バスに乗って出かけた元春は、車内で女性が財布を落としたのを見て拾い、途中下車して交番に届ける。

財布を落とした女性こそ、高校生の澪だった。結局、沙也佳との待ち合わせに遅刻してデートは出来ず、この出来事が澪と結婚するきっかけとなっていた。あの時、バスを降りなければ…。

その後も、相変わらず澪の冷たい態度に辟易しながら、外回りの仕事を終えて公園で一息つく元春。

すると、目の前に奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。ぶつぶつと何かを呟く小池。“過去に戻ることが出来る”という言葉に反応した元春に、小池は500円硬貨を渡した。その硬貨が元春の人生を大きく変えることになり―。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・実家の母の認知症が進み、施設に入れる費用を工面したいが為に夫には取り合えず『奨学金』と言ったのではないかな、と思いますが・・・
妻はそんな小細工せずに夫に本当のこと言えばいいのに、奨学金返済だとかなんだリアリティーがないですね。

・夫がチン1秒前で冷凍ご飯をレンジから出す。
チン!の音に子どもが起きてしまうから。
そんな演出の一つ一つがリアルでした。

・夫・元春(大倉忠義)が10年前にタイムスリップして妻が澪(広瀬アリス)と大学時代の後輩・江川沙也佳(瀧本美織)と入れ替わるという設定が面白いですね~。

また、元春とあおい銀行入行同期&良き理解者で双子の父親・津山千晴(松下洸平)と元春の学生時代の親友で居酒屋を経営している・木田尚希(森田甘路)に加え、女子行員の尾形恵海(佐野ひなこ)と樋口静香(安藤ニコ)がいいですね~。

・大学行って、学費の借金作って
働かずに、結婚して子供作って
借金の返済しなきゃ行けなくなるとかって
大学行かない方が良かったんじゃないの?
高卒で、結婚した方が良かったね。
何の為の勉強?
で、ファミレスでバイト?って
大学行く意味ある?

・大倉くんの演技凄く良かったです。
批判する人は何に対しても批判する人でしょう…

・大物をキャスティングしていないぶん、むしろ、まとまりがあった。大倉、広瀬、松下、川栄のコンビネーションに期待。

・主演の大倉くんと広瀬さんの演技が良くて物語に引き込まれました。
家庭内でのリアルさとファンタジーさをどう融合させていくかこれからがすごく楽しみです。
韓国版がオリジナルらしいけど、橋部さんの脚本は昔草なぎくんのドラマで面白かったから関係なく期待できる。
なんか久しぶりに全部見たいドラマに出会った感じです。家庭のリアルが身に染みる歳になったということか。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・大倉と広瀬のど下手な演技に・・・がくぜん!!ジャニタレの演技の下手さ・・・韓国版「知ってるワイフ」の足元にもおよばない・・・日本のくずドラマ・・・時間の無駄!!さすが、低視聴率!!!もう見ません!!

・澪の母は、60歳代ぐらい?それでもう認知症??あり得なくはないけどちょーっと盛り過ぎ感。

ファミレスのパートも苦痛そうだったけど、もしお金のためにいやいややってるんだったらそれをやめてまだ使ってない子供部屋もあることだろうから、お母さんをひきとって一緒に暮らしたほうがこの段階だと安くつくんじゃない?高い施設のパンフ見るよりもさ。

スーパーのレジ。だんなが追加取りにいっても、会計続行して会計中に戻ってきたらOKだし、間に合わなかったらアウトの処理でしょう、普通。それにしても旦那が戻ってくるの遅すぎでまたまたわざとらしい。

その他、バスの財布落としとかもツッコミどころ満載。もちろんすべて、そんな場合もあると言ってしまえばそれまでだが、すべてにおいて「ヘタ感」がぬぐえない。

ドラマはのウソはうまく作ればファンタジーだがそこまでのレベルではない感じかな。

・主役は勿論のこと、やはり脇役に目が行きます。
夫の友人役のポッチャリなかたがほんとに大倉さんの友人みたいだし、職場の松下洸平さんもちょっと砕けてはいるがBK員が填まってる(リモラブより髪短めにしたし)し、課長?みたいな上司は喋り方からしてあんまり銀行員って感じはしないかな。

しかし川栄ちゃんはファミレスで広瀬アリスを呼ぶ場面で最初ませた中学生かと思った。
川栄ちゃんは色んな役が出来そうですね。

・実家の母の認知症が進み、施設に入れる費用を工面したいが為に夫には取り合えず『奨学金』と言ったのではないかな、と思いますが・・・
妻はそんな小細工せずに夫に本当のこと言えばいいのに、奨学金返済だとかなんだリアリティーがないですね。

・おもしろそうな内容なのに厳しすぎる現実が痛々しくて見ていられない。これを見た後で韓国版を初めて観賞したら、厳しい現実の中に笑いをちりばめていてまだ気楽に見られたし、やはり演技が絶妙。
ストーリーは面白いはずなので、もうちょっとライトに楽しめるように頑張って欲しい。

第2話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • “人生は変えられる”。剣崎元春(大倉忠義)は謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨で、二度目のタイムワープを試みる。

  • 元春は澪と話すことはなく、そのまま沙也佳とのデートに向かった。コンサートの帰りに沙也佳から告白された時、元春の周囲が光に包まれる。
  • 元春の前に、なんと同僚として澪が現れる。独身であおい銀行に勤務する澪は、異動してきて元春と同じ支店で働くことに…。

“人生は変えられる”。剣崎元春(大倉忠義)は謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22年(西暦2010年)の500円硬貨で、二度目のタイムワープを試みる。 目覚めたのは、2010年の江川沙也佳(瀧本美織)からコンサートデートに誘われた日だ。記憶と同じく、元春は沙也佳とデートを約束。
大学から一度自分の家に戻り、デートに向けて準備を整えた元春はコンサート会場へ向かうためバス停へ。そこには高校生の建石澪(広瀬アリス)がいた。バスに乗ると、澪は元春の記憶通り財布を落として降りてしまう。ためらう元春だが、財布を拾って交番に届けた。 コンサートホールに急ぐ元春が交番を出ると澪とすれ違う。元春は澪と話すことはなく、そのまま沙也佳とのデートに向かった。コンサートの帰りに沙也佳から告白された時、元春の周囲が光に包まれる。

 元春が目を覚ましたのは見知らぬ部屋。しかし、隣で寝ているのは沙也佳だ。元春が時計を見ると、表示は西暦2020年。妻は澪から沙也佳に入れ替わり、住んでいる家は超豪華。広い家に高価な家具、専用のゲームスペースに元春は大興奮。「早く帰ってきてね」と優しい沙也佳に送り出され、高級車に乗って出勤する。元春は望んでいた結婚生活を手に入れた。

 銀行に出勤して同僚・津山千晴(松下洸平)と話した元春は、以前の人生では津山は結婚して双子の子供持ちだったが、今の人生では独身になっていることを聞き、周囲の人々が微妙に変化していることを知る。そして元春も澪との間にいた子供たちもいなくなってしまい、涙を流して後悔する元春。しかし、今回の人生こそ幸せに生きると決意。そんな元春の前に、なんと同僚として澪が現れる。独身であおい銀行に勤務する澪は、異動してきて元春と同じ支店で働くことに…。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

 

・みなさん色々ツッコんでるようですが、こういう不特定多数対象の番組はディテール気にしてたら見てられません。アバウトに番組の趣旨を理解して、楽しめばいいのではないのでしょうか?嫌なら見なければいいし投稿しなければいい。私は現代の共稼ぎ夫婦の厳しい現実とタイムスリップするほんわかな話が交錯してとても楽しく見ました。大目に見て楽しみましょう。無料だし。有料なら厳しく見ます。

・広瀬ありすの役どころが、追い詰められた主婦をリアルに描き過ぎてて、見ててしんどかった。
私も3人に夜泣きされ追い詰められた経験から、気持ちは分かるけど、モラハラが過ぎる。
年頃の娘達は、ドラマの旦那がムカつくと言うので、そんな旦那さんにしてるのは、奥さんのせいでもあるんだよ。旦那さんに自分と同じを求めたあかんよー。幸せになれないよーって。言いました笑
私はリタイアしそうですが、娘達は見たいようです。

・夫・元春(大倉忠義)が10年前にタイムスリップして妻が澪(広瀬アリス)と大学時代の後輩・江川沙也佳(瀧本美織)と入れ替わるという設定が面白いですね~。

また、元春とあおい銀行入行同期&良き理解者で双子の父親・津山千晴(松下洸平)と元春の学生時代の親友で居酒屋を経営している・木田尚希(森田甘路)に加え、女子行員の尾形恵海(佐野ひなこ)と樋口静香(安藤ニコ)がいいですね~。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
またこのような意見もありました。

・なんで韓国ドラマのリメイクなんてするかね。日本の作家の優れた作品をドラマ化しろ。ここは日本だぞ。それに主役のジャニ、なんじゃありゃ。見る価値全くなし。録画予約解除、さようなら。

・日本の感覚に合わない
自分勝手な行動、相手が会わないから変えたいなんて
B級のラノベでも、もう少し良いんでな無いかな?

第3話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 元春は澪の表情を見て、「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」と疑う。しかし、それは元春の思い過ごしのようだった。

  • だが、澪は元春に“澪”と呼ばれた気がしてどこか懐かしい気持ちを感じていた。 最近、澪は、顔の分からない男性に“澪”と呼ばれる夢を何度も見ていたのだ。
  • 小池は“いくら人生を変えても、繋がりのある人間達は変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる”と…。

剣崎元春(大倉忠義)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)を思わず抱き止めた。驚いた澪は元春を見つめる。元春は澪の表情を見て、「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」と疑う。しかし、それは元春の思い過ごしのようだった。

澪は自分と夫婦だったことも知らないし、職場で出会ったことも偶然だったと知り元春はホッとする。だが、澪は元春に“澪”と呼ばれた気がしてどこか懐かしい気持ちを感じていた。 最近、澪は、顔の分からない男性に“澪”と呼ばれる夢を何度も見ていたのだ。

支店で行われた振り込め詐欺対策の勉強会の後、津山千晴(松下洸平)が澪を食事に誘う。澪は、今日は都合が悪いと断るが、今度必ず行くので食べたいものを考えておくと答えた。社交辞令を疑う津山に、澪の性格を知っている元春は彼女のことだから本当に考えるのではないかと伝える。

帰り道、元春が車を運転していると倒れた自転車の脇にうずくまる澪を見つける。元春は放っては置けずに澪のもとへ。怪我の手当をしていると、澪は客が振り込め詐欺に遭っていそうな時の合図を決めようと言い出す。“まばたきをする”、“鼻をつまむ”などのサインを提示する澪に、元春は真剣には答えず、車に乗せて送った。

澪を降ろした元春に、再び疑問が浮かぶ。なぜ自分が転倒した澪に出くわすのか?やはり偶然ではないのか?そんな時、元春は小池良治(生瀬勝久)を偶然見つける。なぜ澪が自分の前に現れたのかと尋ねる元春に、小池は“いくら人生を変えても、繋がりのある人間達は変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる”と…。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・澪は口も悪くて酷い嫁。
そんな風にみる世の中の男性も多いかもな。
まあ、たしかに、ごま塩ごはん…狭いもの置き部屋でゲーム
なんとも切ない…

でも、そうなる理由もあるんだよね。

旦那とドラマみてたけど、

うちよりましだね。私やさしいね。
世の中みんなこんなだよ。て言いました笑

・韓国版も見たけどやはり同じこと感じました。
まるで子供いるのに平気で浮気してるのと同じ。
日本のドラマは話数が少ないから妻の澪がどれだけ元春に対して疲れて呆れて怒ってるか十分伝わってない。

でも世の奥さんたちはわかると思う。
誰だって火吹くほど怒りたくなんかないんだけど、所詮お手伝い気分でしかない、指示待ち夫にみんな怒ってる訳で。元春可愛そうと言ってる奥さん達はきっと家庭が上手く言ってるんだろうなぁ。

とまあ怒りまくりましたが、これから元春が変わっていくことに期待です。広瀬アリスはすごく合ってる!

・面白くなってきました。
みおさんが清涼感ある優しくて可愛い天真爛漫な女性に変わっていい感じです。笑顔が素敵で美女にも見えましたし、認知症の母親にも健気ですね。

タクシーのタイミングの話も面白かった。相手を全部知りつくしてから結婚というのは難しい?し、人生の選択は賭けでもあり、大倉君が今後後悔していくのか、かけがいのない存在は誰なのか、何なのか気づく過去旅でしょうか。

ブラックみおも天使のようなみおも、相手によって出てくる長所や短所が違ってくると思うし。
運命の人だと何回でもやり直しができるのか。今の令嬢の妻と別れて、みおを選ぶ行く末があるのか。人生リセットは誰と共に過ごしたい?と言われているようで、半分真面目に見てしまいますね。

・韓国版のドラマを観て、主人公は田中圭が良かったと思いました。広瀬アリスは演技も上手いしミオ役にとても合っています。

第4話
あらすじ

うさぎちゃん
うさぎちゃん
3行で要約するとこんなお話!
  • 久恵が現れて、元春に懐かしそうに抱きついてきた。さらに久恵は元春を婿と呼び、「澪が毎日怒るから家に帰って来なくなったのよ」と言うではないか。

  • 元春は、澪と結婚していた以前の世界で、すでに久恵の認知症が発症していたのではないか?と思い、ショックを受ける。
  • 元春より先に来ていた津山千晴が澪に告白をしていた。なぜか元春の気持ちは揺らいでしまう。

澪を家へ送る元春。

すると母の久恵(片平なぎさ)が現れて、元春に懐かしそうに抱きついてきた。さらに久恵は元春を婿と呼び、「澪が毎日怒るから家に帰って来なくなったのよ」と言うではないか。澪は「母が認知症を患っていて変なことを言ってすみません」と元春に謝る。だが、元春は気が気ではない。元春は、澪と結婚していた以前の世界で、すでに久恵の認知症が発症していたのではないか?と思い、ショックを受ける。

忙しさにかまけて自分は気にもしていなかったが、澪の態度に思い当たることがあった。 澪の家を出た元春は、久恵が「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」という疑念を拭いきれない。それを知っているのは自分ともう一人、小池良治(生瀬勝久)だけのはず。元春は小池を探しに出会った公園へ行くが、姿は見当たらない。 翌日、元春はなぎさ(川栄李奈)から母が作ったいなり寿司を受け取る。

かつて元春の母が作ったいなり寿司を澪が好きだったことを思い出した元春は、銀行で一人残業している彼女に届けに行く。すると、元春より先に来ていた津山千晴(松下洸平)が澪に告白をしていた。なぜか元春の気持ちは揺らいでしまう。

そんな矢先、泊りがけの研修に一緒に行くことになった澪と津山。津山はこれを機に彼女を口説き落とそうと木田と盛り上がるが、元春は思わず反対して―。

公式サイトより引用

ネタバレ・感想

・元春が自分がぶっ壊したと自覚したからようやく面白くなってきた。
過去では自覚もしないし、何故変わったのか考えることすらしなかった。
しかし今妻の事も結局モンスターに変えそうな予感。
過去の澪のようにすごい剣幕で怒鳴ってきそう。
澪もさやかも、自分に合ってる別の人と結婚した方が幸せになりそう。
でもドラマだから、面白く観させて頂きます。

・日本の2021年1月スタートのドラマの中で、『知ってるワイフ』が最も面白いような気がしています。

さて、今後考えられ得る(元春にとっての)3つの最大の難問は…

1. いつ現世の妻さやかと離婚するのか!?
(元春の方がさやかから愛想を尽かされて、さやかの方から離縁を切り出すのか!? 視聴者から反感を買わないように上手く別れられるのか!?)

2. いつ、どのタイミングで、元春は元の世界で夫婦であったことを澪に告白するのか!?
(若しくは…元の世界で夫婦であったことを澪に告白しないのか!?)

3. 仮に…元の世界で夫婦で夫婦であったことを元春が澪に話したところで、はたして澪に信じて貰えるのか!?
(澪が普通の人であったなら、別の世界で夫婦だったって話したところで、そう簡単には信じては貰えないと思うよ!)

などなど興味と話題が尽きない『知ってるワイフ』なのですが、第4話がとっても楽しみですね!!

・前の世界での澪は、人の笑顔に幸せを感じ、弁当を作って夫をピクニックに誘うなど、明るい家庭を作ろうと努力していた。だが、元春は忙しさにかまけて次第に妻や子供の事を見なくなり、妻の苦労に気づかなかった。同僚として澪と接する中、元春は今まで気づかなかった彼女の内面を知る。彼が少しずつ自分の言動を省みるようになれたのは良かった。現在の妻、さやかはお嬢様育ちで金銭感覚が違い、結婚後も両親の援助を受ける。彼女の両親ともかみ合わさず、元春は富裕層の生き方に戸惑う。さやかはチェリストの夢がかなわず、挫折感があるようだが、元春は気づかない。この夫婦も心が通っていない。
正規で働きながら、1人で認知症の母を介護する澪。母におばさんと呼ばれても穏やかに明るく接する彼女の強さに打たれる。

・タイムスリップが物凄くドラマを面白くしてますね。
3回生きられたら、人生はとても有意義に生きる事が出来るのでしょう。でも最初から3回ありますってわかってたら、きっと人間は身締めて生きなくなるんだろう。間違いだらけの人生の中で、こんなの座ってボタン一つで見れる私達は幸せ者です。制作陣に感謝(笑)
元春が回想する澪の健気さに目頭が熱くなりました。そうです、私達もあの頃は純粋でした(何年前だよ笑)。でもまんまドラマだと悪いのは夫側になるけど、夫婦は鏡でどちらか一方が壊滅的に悪いなんて事は無いと思います。殴る金入れない帰って来ない、は除いて。
無い物ねだりは人間の常。元々下から這い蹲って上がって来たからには、目の前にあるものを信じて頑張ろう、菩薩の境地で感情の成仏が信条ですが、やっぱりやり直しても縁は切れないって言うなら尚更ですね。
頑張れ元春!応援しちゃう(笑)
片平なぎささん、いいわあ~。まだらボケが他人事ながら可愛くて尊いなんて思ってしまいました。
現実はいつの時代も手強いですね。

知ってるワイフ(ドラマ)のちょこっと裏話
広瀬アリスさんの小ネタ

広瀬アリスさん、可愛いですよね〜!

特技は乗馬や編み物、バスケットボールとハンドボールなんだとか!

そして、ビックリなのが普段は引きこもって漫画を読むことが一番の幸せらしく

結婚願望もないそうです。

もし結婚をするならば、東京喰種の主人公なんだとか!

漫画バカと自認されているそうです…(笑)

大倉忠義さんの小ネタ

関ジャニ∞のドラマーでもある、大倉忠義さん。

今回は、俳優としてドラマで活躍をされます。

そんな大倉忠義さんは、1985年5月16日生まれ。

鳥貴族の創始者で社長である、大倉忠司さんの長男。

このこともあって、ボンボンやお金持ちと言われてしまうことも多々あるようですが

なんのボンボン生活もしていないと

本人は話しているんだとか(笑)

ドラマでの役柄も注目ですね!

松下洸平さんの小ネタ

東京都出身の松下洸平さん。

現在の尚美ミュージックカレッジ専門学校のヴォーカル学科を卒業されています。

そのあとは、シンガーソングライターとして音楽活動を行い、活躍の場を広げました。

生瀬勝久さんの小ネタ

トリックなどの映画でも大活躍をした生瀬勝久さん。

独特のキャラクターがたまりませんよね。

生瀬勝久さんは1960年10月13日生まれ。

司会者や俳優、タレントとして活躍されています。

個性的な演技で幅広く活躍しており、名脇役として有名です。

また共通語と関西弁使い分けることもでき、バラエティ番組でも大活躍。

そんな生瀬勝久さんは、掃除機マニアだそうで!笑

10台以上の掃除機を持っているそうです…。