2020年春ドラマ

スーツ 9話見逃しはこちら!代表争いの結末とは!?

皆さん「スーツ 9話」見ましたか〜?

見入ってしまう内容でしたね!

しかしそんな、スーツを見逃してしまった!という方もいませんか〜?

そんな方に向けて無料で視聴する方法をまとめます。

見ていってみましょう〜♪

スーツ 9話あらすじ

スーツ 9話無料動画や視聴方法

スーツ 9話の感想

スーツの番組内容

まとめ

などをまとめております!

忙しくて見れなかった人に役立つ情報もありますので、ぜひ最後までお付き合いお願いします♪

\スーツ 無料はここ/

スーツ の無料動画見逃し配信/再放送はこちら

番組放送終了後1週間はTverで視聴可能です!

1週間を過ぎた場合でもフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です!(無料)

月額制ではありますが、2週間以内に解約をすれば料金は発生しませんので、実質無料で番組を見ることができます。

また、FODに登録しておけばスーツ以外の現在配信中のフジテレビの動画も見れますので、お得です♪

スーツの公開はFODだけ(無料動画は?)

FODなら見逃しはもちろん、ソッコーで見ることもできます!

ぜひFODに登録して視聴してみましょう。

動画配信サービス名 配信状況
民間放送テレビポータルTver(ティーバー) 放送終了後から1週間後に配信終了
FOD(フジテレビオンデマンド) 第1話から最終話までFODで視聴可能

 

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

※紹介している作品は、2020年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

スーツ の再放送の予定は?

スーツの再放送の予定ですが、現時点ではないようです。

「もう一度見たい!」「見逃してしまった!」という場合でも、すぐに再放送はないものです…

ですので、FODかTverでのご視聴をオススメします!

安心に利用できますので是非無料視聴してみてください♪

スーツ をTver(無料動画)で見るデメリット

スーツ Tverで見るデメリット

  • 放送から1週間しか視聴できない
  • 30秒から60秒ほどのCMが数回流れ、スキップできない
  • Tverアプリだけでは見れない

Tverアプリだけでは見れないってどういうこと? と思うかも知れませんが、

結局の所、TverのHPにいき、動画を見ようとすると「こちらのアプリを無料インストールしてください」とFOD(フジテレビオンデマンド)のアプリをダウンロードさせられます。(無料です。)

1話ごとにまめにチェックできる方でしたら、無料視聴アプリのTverをオススメしますが、休日に一気に見たい!という方や、もう一度最初から見たい!という方は何度でも視聴できるFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメです。

\スーツ 無料はここ/

スーツ 1話あらすじ

敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。

パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会を果たした大輔は、さっそく彼女を食事に誘った。だがそこに、甲斐のライバルでもある蟹江貢(小手伸也)が現れ……。

甲斐は復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出される。

そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。

全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。

三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れる。そこで事情を聞いた大輔は、麻帆に同情してしまい、和解交渉を進めようとする。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死したのだ。

かつて甲斐とチカは「上杉の弱み」を握り、事実上、彼を事務所から追い出していた。

復帰への意欲をのぞかせる上杉。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。

公式サイトより引用

スーツ 2話のあらすじ

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)によって、『幸村・上杉法律事務所』から事実上追い出されていた共同代表の上杉(吉田鋼太郎)が復帰した。

上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びると、妻の死をきっかけに人を思いやることの大切さを学んだとアピールし、あっという間に彼らの心を掴む。

チカは、上杉に弱みを握られる前に大輔(中島裕翔)を解雇するよう甲斐に命じた。

しかし甲斐は、大輔を辞めさせるなら自分もクビにして欲しいと返す。甲斐が辞めれば、上杉は必ずその理由を探り、無資格の弁護士を雇っていたことでチカを責めるはずだと言うのだ。

あくる朝、チカたちが事務所にやってくると、内装工事が行われていた。上杉の指示だった。その陣頭指揮をとっていたのは蟹江(小手伸也)だ。蟹江は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。蟹江からその許可を求められたチカはOKするが……。

そんな中、甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。東京国際記念病院は、もともと上杉が獲得したクライアントでもあった。だがチカは、重要な案件は上杉に任せない心づもりでいたのだ。

東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術が行われる日にあわせて一部業務のストライキを行うと宣言していた。

甲斐は、大輔とともに組合をまとめる看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に会いに行く。かつて被災地のボランティアをまとめた手腕でも知られる佐緒里は、弁護士もつけずにたったひとりで交渉の席につく。そこで甲斐たちは、平均5%の給与アップを提示した。しかし佐緒里はそれを拒否し、病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%もの賃金アップを要求。「私たちの仕事を舐めないで」。佐緒里は、甲斐たちにそう言い放ち……

スーツ 3話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、その必要はないと言い放つ。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。それを聞きつけた蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー「KAMIYA」を訪れる。KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で……。

同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリングパートナーを務めていた。そこに、世界的なゲームメーカー「BPM」のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。

蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。しかし、ハーバード大学入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷は授業どころではなかったらしく、ほっと胸をなでおろす大輔。BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが、そう簡単には相応しい人材を見つけることが出来なかった。

一方、結衣(田島令子)を訪ねた砂里(今田美桜)は、大輔が弁護士になったと知る。大輔が替え玉受験のせいで弁護士への道を断たれたことを知っていた砂里は、どういうことなのか、と直接彼から事情を聞いた。砂里は、もし嘘が発覚したら大輔だけでなく結衣も苦しむ、と心配する。しかし大輔は、「わかっている。でもやるしかないんだよ」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、安樂に頼まれて、海外交渉の代理人として蟹江を紹介する。それに反発した甲斐は、チカにクレームを入れた。しかしチカは、弁護士が社長のすげ替えを画策するのは越権行為だと甲斐を非難する。それでも甲斐は、安樂がまだ社長ではない以上、先代の意向を優先し、邪魔するものは潰す、と言い放つ。

甲斐は、大輔とともに反安樂派の取締役を2名増員して、安樂の社長就任を阻止しようと目論むとともに、新社長として工場長の岡林を立てようとする。大輔は、真琴の力を借りて岡林のためのスピーチ原稿を作成した。だが岡林は、何度練習しても上手くスピーチすることができない。甲斐は、岡林が覚えるまでは絶対に帰すな、と命じて席を立った。すると大輔は、原稿を破り捨て、ただ命令し、服従させる甲斐への不満をぶちまける。その際、大輔は、岡林に職人の世界の厳しさについて尋ねた。大輔は、岡林が話してくれたKAMIYAの売りであるマニファクチュール――ゼンマイから皮ベルトまですべて自社の職人が作る技術力の高さについて素直に主張すればいい、と岡林に助言する。

甲斐は、岡林たち2名の取締役就任を成功させた。だが安樂は、取締役会の臨時招集を使い、甲斐たちが来る前に社長に就任してしまう。安樂は、今後は蟹江に顧問を任せ、甲斐をクビにするという。これは、大口顧客を逃さないためにチカが手を回したためだった。

岡林の元を訪ねた大輔は、今回の件を謝罪した。すると岡林は、正直言って社長になるのは荷が重かったと返すと、スピーチ練習のおかげで会社のことを考え直すことが出来た、と大輔に感謝の気持ちを伝える。続けて岡林は、すべてを見て覚える職人の仕事と、弁護士の仕事は一緒だと思う、と言うと、必死にくらいついていけば何かが見えてくる、と大輔を励ました。

大輔は、岡林から、甲斐がKAMIYAに安樂を招き入れたことを教えられる。甲斐は、会社の体質改善を安樂に任せる代わりに、KAMIYAの根幹であるマニファクチュールだけは守ると先代社長と約束したのだという。

 

そんな中、大輔はチカから呼び出される。大輔のおかげで、藤ヶ谷の会社BPMと顧問契約を結ぶことができたのだ。

それから数日後。甲斐は、静佳の代理人として大輔、岡林とともにKAMIYAを訪れ、BPM社の藤ヶ谷から買収のオファーがきていることを安樂たちに伝える。筆頭株主の静佳は買収に応じるつもりだと続ける甲斐。しかも、藤ヶ谷はKAMIYAの熱心なコレクターで、次期社長にはマニファクチュールを継続できる人材を望んでいるというのだ。次期社長として甲斐が提案したのは岡林だった。岡林は、これからのKAMIYAについて決意表明をして……。

大輔は、甲斐に促されてハイヤーの後部座席に乗り込みKAMIYAを後にする。その腕には、岡林からもらったというKAMIYAの時計があった。事務所に戻った大輔は、スピーチ原稿を手伝ってくれた真琴を食事に誘った。真琴はその誘いを断るが……。

スーツ 4話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファーム・スタンリー法律事務所に所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー「ナノファーマ」に関する情報を得ることだった。何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と「ナノファーマ」代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

あくる日、甲斐は、チカから「ナノファーマ」を助けるよう命じられる。実は辛島は、20年前に別れたチカの元夫だった。

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられる。それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。友加里は、悪臭等マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために気が滅入り仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

辛島は、仕事だけでなくプライベートでもパートナーである立花理乃(中原果南)と共同で、関節骨化症の特効薬「レミゼノール」を開発していた。だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられてしまったのだ。辛島や理乃は、レミゼノールと副作用の因果関係は証明されていないと主張する。

それに対して甲斐は、訴訟になって被害者の声が報じられればかえって風評被害を助長することになる、として、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案する。だが福原は、見舞い金として50億円を要求し、レミゼノールは治験の段階で問題があった欠陥薬だと言い放つ。

大輔は、蟹江から素性を疑われているのではないかと心配していた。それを知った砂里(今田美桜)は、大輔ならできる、とい言って励ました。

大輔は、法廷でマンションオーナー・木嶋浩喜(南雲佑介)側の代理人弁護士と対峙する。それは甲斐の後輩・美智瑠だった。そこで美智瑠は、友加里がウサギが亡くなる1年前から鬱病の診断をされていたことを示す証拠を提出する。

友加里が鬱病を発症したのはウサギの死とは無関係だというのだ。大輔が美智瑠にやり込められたことを知った甲斐は、控訴するよう命じた。スタンリー法律事務所の稼ぎ頭である美智瑠が今回の案件を受けたのには裏がある、というのだ。

レミゼノールをめぐる裁判の口頭弁論で、甲斐は、福原が過去に医薬品の副作用を理由に大手製薬会社から多額の賠償金を受け取ってきた事実を指摘し、本件も同様の手口ではないのか、と問いただす。対して福原は、すべては弱者救済のためであると主張するとともに、提出された治験データには意図的に不利になるデータを隠蔽した形跡が見られる、と主張する。

治験データに抜けているページがあったことに気づかなかった甲斐は、理乃を問い正した。しかし彼女は何も答えようとしない。

甲斐は、理乃が心を開かない理由はチカにあると考えた。辛島が理乃が出会ったのは、チカと離婚する前――つまりふたりは不倫関係にあったのだ。そこで甲斐は、理乃と会って話すようチカに頼む。理乃と会ったチカは、隠されていた事情を知り……。

スーツ 5話あらすじ

過去の勝利は、隠蔽によるものだったのか――?

甲斐(織田裕二)は、『コースタル・モーターズ』の自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で勝訴したものの、同社の自動車に欠陥があったことを示す社内メモが見つかったことで窮地に立たされる。

甲斐自身はメモの存在すら知らなかったが、甲斐に対して強烈な敵がい心を抱く弁護士・富樫(髙嶋政宏)は、事実を隠蔽し、被害者とその遺族を法廷で侮辱した甲斐を徹底的に追及すると宣言する。

この件を知った上杉(吉田鋼太郎)は、いまこそ団結して事務所を守るべきだと主張し、甲斐のために優秀な弁護士・副島絵美里(清水ミチコ)を連れてくる。だが、早急且つ、秘密裏に和解を進めるべきだと提案する副島に、反発する甲斐。チカ(鈴木保奈美)は、そんな甲斐を制して副島を雇うことに。

一方、甲斐の秘書・玉井(中村アン)は、コースタル訴訟の資料の中から問題になっている社内メモを発見する。そこには玉井のサインもあった。思いつめた表情でシュレッダーの前に立つ玉井のもとへやってきた大輔(中島裕翔)は、彼女が持っていたファイルに違和感を抱き……。

そんな折、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が、天才テニス少年と噂される高山雄哉(髙橋優斗)を伴って甲斐を訪ねてくる。雄哉は、プロ入りに反対する父親と、法的に親子の縁を切りたいのだという。甲斐は、この案件を大輔に任せることにするが……。

スーツ 6話あらすじ

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。

ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。

しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

一方、真琴(新木優子)と蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。

里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。奪われたら、奪い返す。甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

スーツ 7話あらすじ

甲斐(織田裕二)に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪――。

甲斐とチカ(鈴木保奈美)は、甲斐を訴えた弁護士・富樫(髙嶋政宏)を呼び、和解の可能性を探った。だが富樫は、『コースタル・モーターズ』訴訟で、甲斐が重要な証拠となるはずだった社内メモを隠蔽したのは明らかだとして、和解交渉の余地はないと返す。

さらに富樫は、甲斐にとって触れられたくない母親のことまで侮辱して挑発した。甲斐は、思わず富樫に掴みかかり・・・。
チカは、甲斐の代理人として法廷で富樫と戦うつもりだった。

だが、事態を重く受け止めた上杉(吉田鋼太郎)は、ファーム内にも甲斐のことを疑っているメンバーがいるのだから、まず彼らに無実を証明し、裁判で勝ち目があるのかどうかを見せてほしい、と言い出す。その上で、裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めよういうのだ。


『幸村・上杉法律事務所』で行われる“密室劇”で甲斐の敵側として直接対決することになった蟹江(小手伸也)は、さっそく大輔(中島裕翔)に、仲間になるよう声をかける。甲斐の力になりたいため、これを拒む大輔だったが、蟹江のチームに加わるよう命じたのは、実は甲斐自身だった。実際の裁判で、思わぬ方向から攻められる可能性も考慮して、敢えて大輔を敵側に加えたのだ。


そんな中、甲斐は、玉井(中村アン)に会いに行き、証言をして欲しいと頼む。しかし玉井は、もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れた、といって甲斐の申し出を拒絶する。同じころ、甲斐との対決に向けて準備を進めていた大輔は、真琴(新木優子)の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いつき・・・。

スーツ 8話あらすじ

『幸村・上杉法律事務所』の熾烈なトップ争いが本格化!甲斐(織田裕二)が訴えられた『コースタル・モーターズ』訴訟の件は、和解を進めることで一応の決着をみる。だが上杉(吉田鋼太郎)は、今回の一件におけるチカ(鈴木保奈美)の手腕に疑問を投げかけ、シニアパートナー会議を招集して、チカと自分のどちらがファームのトップに立つべきか投票によって決めたいと提案する。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を東京駅まで呼び出し、上杉が休職したときと同じタイミングでファームを辞めたアソシエイトの尾形万智子(松本若菜)を探し出すよう命じる。「形勢逆転を狙う」甲斐は、このことをチカには伝えないよう念を押すと、どこかへ旅立っていき……。

数年前――まだシニアアソシエイトだった甲斐は、チカから協力を求められる。ファーム内で横領している人物を突き止めたい、というのだ。甲斐は、ジュニアパートナーへの昇格を交換条件にして、秘書の玉井(中村アン)とともに犯人探しを始める。

一方、その当時の大輔は、トラブルメーカーでもある悪友の谷元遊星(磯村勇斗)と一緒に暮らしながら、メッセンジャーの仕事をしていた。遊星の妹・砂里(今田美桜)は、そんな大輔のことを何かと心配していた。 ある日、遊星は、会わせたい女性がいる、といって大輔を飲みに誘った。

そこにやってきたのは、大輔の元恋人・黒崎怜(吉谷彩子)と、怜の友人の矢代千夏(堀田真由)だった。

横領した人物を追っていた甲斐たちは、口座を管理していた万智子のパソコンから情報を得て、ファームの金が蟹江(小手伸也)に流れていることを知るが……。

明らかになる甲斐と大輔の過去――。そして、ファームが隠し続けてきた、過去の真相がついに明らかに!

引用元:公式サイト

スーツ 9話のあらすじ

ある日、甲斐(織田裕二)大輔(中島裕翔)は、有名キャスターの浜崎哲平(中村芝翫)に会いに行く。浜崎は、自身のテレビ番組で人気プロ野球選手・等々力真一(佳久創)の薬物使用疑惑を報じて訴えられていた。等々力の所属球団は、浜崎と番組を放送した『東都テレビ』に対して、それぞれ賠償金3億円と、番組での公式謝罪を要求していた。浜崎は、これまでも社会のタブーに踏み込み、何度もトラブルを起こしていた。だが今回は、相手側が日本経済のドンが球団親会社のトップということもあって、謝罪するしかないのでは、と考える甲斐と大輔。しかし浜崎は、これまでも経験と勘で断定的な発言をしてきたが自分には負けた記憶がない、といってそれを頑なに拒む。

そして『幸村・上杉法律事務所』のトップは、チカ(鈴木保奈美)か、それとも上杉(吉田鋼太郎)か。シニアパートナーによる投票で代表を決める会議が5日後に迫っていた。

甲斐は、玉井伽耶子(中村アン)を復職させるため、彼女に会いに行く。「俺が君を必要としている。ずっと君とやってきた。君なしじゃ、やれない」。ボーナスの小切手を差し出されても首を縦に振らなかったが、甲斐のその言葉に心を動かされた玉井は、復帰するにあたってふたつの条件を出し……。

一方、上杉は蟹江(小手伸也)を呼び出し、シニアパートナーに指名する。ファームの共同代表である上杉は、独断でひとり、シニアパートナーに昇格させる権限を有していた。喜ぶ蟹江に対して上杉は、代表を決める臨時パートナー会議までは秘密にしておくよう告げる。このとき、密かにトップ争いの均衡が崩れようとしていた。

そんな中、『幸村・上杉法律事務所』に大輔の祖母・結衣(田島令子)が訪ねてくる。実は大輔は、結衣と一緒に住むために、新居をプレゼントしようと密かに考えていて……。

スーツ 9話のツイッターでの反応

スーツってどんな番組?

新月9ドラマ「スーツ」。

甲斐とチカによって事実上「上村・幸杉法律相談事務所」から追い出されていた上杉が復帰する。

 

そんな中、甲斐は難航している東京国際病院へと労使交渉をまとめるようにチカに命じされる。

かつて上杉がを獲得したクライアントでもあるが重大な案件は任せないと思っているチカ。

 

甲斐は大輔とともに看護師長へと会いに行く…

公式サイトより引用

キャスト

  • 織田裕二
  • 中島裕翔
  • 新木優子
  • 中村アン
  • 小手伸也
  • 吉田鋼太郎
  • 鈴木保奈美

FOD(フジテレビオンデマンド)はどんなサービスなのか

FOD(フジテレビオンデマンド)はフジテレビジョンが運営する、動画や電子書籍を配信するサービスの事です!

似たようなサービスでHuluやU-NEXT、アマゾンプライムビデオやNetflixもありますがその様なものをイメージして頂くと分かりやすいですね!

ドラマや映画などを月額制で見放題で時間がなんぼあっても足りませんよね。

スーツ 3話はDailymotion,Pandoraで見れる?

たしかに、今まではYoutubeやDailymotion、miomioなどで違法に見ている人も多かったですが、パソコンがウイルスに感染したり、法律違反をするのはちょっと・・・という方も多かったと思います。

YouTubeでは何万本というドラマやアニメ、映画がありますが全て違法アップロード!

一緒になってそれを見るのは怖くないですか?

それがきっかけでウイルス感染してしまうのも避けたいですよね…

その点FODは心配ありせん! 安心・安全に動画視聴を楽しみましょう!

このFOD(フジテレビオンデマンド)は月額888円(税別)で登録出来ます。

また、Amazonのアカウントを持っている方で、初めてFOD(フジテレビオンデマンド)に登録する方でしたら、2週間の間、月額888円が無料になるキャンペーンを行っているとのことです♪

是非この機会に登録してみてはいかがでしょうか?

\スーツ 無料はここ/

スーツ の無料動画見逃し配信記事のさいごに

今回のブログで伝えたいことは

スーツ 8話あらすじ

スーツ 8話無料動画や視聴方法

スーツ 8話のツイッターの反応

をまとめました!

最後までお読み頂きありがとうございました

\スーツ 無料はここ/

\1話から全話まで無料で見る/